今年一年 ありがとうございました。( 札幌 )

札幌 大通り公園


今年もあっという間に年末がやってきてしまいました。
一年が経つのは早いですね、 と毎年言っています。
今年は引っ越しなどもあり 例年以上にブログの更新が滞っていました。
アブダビ旅行記も 頑張って年内に書き上げようと思っていましたが 
中々時間が取れず 来年に持ち越す事になりました。
どうぞこの先も よろしくお願いします。

クリスマス前に 次女のいる札幌に家族みんなで行ってきました。

↓ 札幌 大通り公園のクリスマスマーケット

札幌 大通り公園クリスマスマーケット


さて 前回のブログでお話した グアム島旅行の飛行機の欠航に伴う返金ですが無事 全て返金されました。

欠航になった帰路便 JALのグアム → 成田の飛行機代、
2人分 61800円 ( eJALポイント+カード返金 )
 
JALカードの欠航お見舞い金 11月29日入金 1人2万円

欠航になったチェジュ航空の 仁川 → 成田の飛行機代
12月初旬 予約時に使用したクレジットカードに返金
( グアム→仁川→成田 2人で10万8千円支払いましたが
  返金は2人で26730円でした )

グアム島での欠航に伴う飲食代 ( パン代 )
乗り換え地 仁川での欠航に伴う飲食代 ( 空港での朝食代 )
2つ合わせて5900円ほど
すべて滞りなく返金されました。

同じ内容ですが前回のブログに書いておきますので 興味のある方はご覧ください。

さて今回は アブダビ旅行記の4回目です。

フェアモントホテル



広大なホテルの敷地、 向かいのタワーの展望フロアーから見た
アブダビの景色、 豪華な首相官邸 の様子をお届けします。

ホテルの敷地は大変広いので 暑い時期は歩いて回ることは出来ません。
( 今の時期、 冬なら のんびり散歩も出来るはずです )
敷地内をカートに乗ってスタッフさんに案内して頂きました。

↓ イーストウィング前にある大人のプール

大人のプール


大人のプールでは 泳いでいる人はいませんでした。

↓ 芝生ゾーン、 こちらには 寛いでいるゲストがいました。

芝生ゾーン


↓ ウエストウィング前にあるファミリープール
  
ファミリープール


私たちが滞在した6月中旬ですが
水がまだ暑くならない午前中ならば 何とか泳ぐことも可能のようです。
数人泳いでいるご家族がいました。
でも直射日光はかなりキツイです。

敷地のずっと先にはヨットハーバーもあります。

ヨットハーバー


ヨットハーバーからは向かい側に宿泊ホテルが見えますが その奥に 
エディハドタワーズという5つのタワーが建っています。↓
後で行ってみましょう。

エディハドタワー


ヨットハーバーの反対側には 初日に買物したモールとフェアモントホテルが見えます。

ホテル敷地を見学


更に大統領官邸も見えます、 こちらも後で行ってみましょう。

大統領官邸


ホテル正面に立ちはだかっている 豪華絢爛で意表を突くデザインのビル群は 
エディハドタワーズと言って アブダビのランドマークとして建てられたそうです。

エディハドタワー


レジデンスやホテル 会社 レストラン ショップなど
生活、仕事、買い物、食事、そして思い出に残る滞在を
提供するように設計されているとの事です。

タワー2の74階には 「オブザベーションデッキ アット 300」 という展望フロアーがあります。
そこからはペルシャ湾やエミレーツパレスの全景が見られると言うことなので
ホテルの敷地見学の後 ホテルからタクシーで行ってみました。
( ホテルの目の前です ミニマム料金12AED=360円 )

HPはこちらです。

エディハドタワー入り口


タクシーでビルに到着すると スタッフさんが駆け寄ってきてドアを開けてくれます。
きっとこのビルに来る方はお金持ちの方ばかりなのでしょう。
ビル内のショップも一流ブランドばかり並んでいました。

もちろんエルメスもありましたよ!
 
エルメスも入っています


が、このブランドフロアー、人っ子1人いないんです。
売れてるのかしら? と心配する私。

入り口


誰もいないフロアーを通って 入り口に向かいます。
さぁ チケットを買って展望階へ向かいましょう。

オブザベーションデッキ入場券


入場券は95AEDです。( 約2850円 )
でもこの中に 55AED ( 1650円 ) 分の飲食代が含まれているのです。
ですから入場料自体は 40AED = 1200円 となります。
また このビル内にあるホテル 「 ジュメイラエディハドタワーズホテル 」
に泊っている方は 入場料は無料だそうです。
( もちろんお部屋からの景色も素晴らしいでしょう。)
さぁ着きました、地上300メートルにある
「 オブザベーションデッキ アット 300 」 です。

オブザベーションデッキ


フロアーの周りは全てガラス張りで 天井も高いです。

オブザベーションデッキ


窓の周りにイスとテーブルが配置されていて カフェにもなっています。
そして窓からの眺めがこれです!

席からの眺め


ペルシャ湾と私たちの泊っているエミレーツパレスホテル全景です。↓
ホテルの左側の海に突き出ている部分には 先ほどカートで行った
ヨットハーバーが見えます。

ホテル全景


ホテルの右側の海に突き出た部分には 初日にお買い物をした
マリーナモールとフェアモントホテルが見えます。

ホテル東側


埋め立て地もあり まだまだ都市が出来そうです。
アブダビはドバイのように これから益々発展するのでしょう

埋め立て地


それにしても海が綺麗ですね~

↓ 中心部の景色です。

展望台から


ホテルの左横には大統領官邸が見えます。
上から見てもかなり広大な敷地と言うことが分かります。
この春に一般の人にも見学が出来るようになったと言うことで
後で行ってみることにしました。

大統領官邸


最後に1200円のバウチャーを使ってランチをしました。

オブザベーションデッキでランチ


↑ コーラ 紅茶 ステーキサンド 合計140AED 
バウチャー110AED分があるので 支払いは30AED=900円 

帰りに同じビル内の 「 ジュメイラ アット エディハドタワーズホテル 」
をちらっと見てみました。

ジュメイラアットエディハドタワーホテル


とっても素敵なロビーラウンジがありました。
泊っているエミレーツパレスとは違い 異国感はありませんが
アメリカンスタイルのホテルで とてもスタイリッシュでステキでした。

私たちがアブダビ旅行に行く半年前に 京都のTさまが
お母様とアブダビにいらっしゃいました。
お二人が泊ったホテルは 「 リッツカールトンアブダビ 」 でしたが
「 エディハドタワーズホテル 」 もスタイリッシュで
とっても素敵だったので こちらのホテルも良いですよ、 と
おっしゃっていました。
このラウンジを見て Tさまの意見に同意しました。

もし 次回行くならば こちらのホテルも良いな~と 思いました。

ジュメイラアットエディハドタワーホテル


タワーの見学を終えホテルで小休止をして 
夕方からタクシーで大統領官邸を見学に行きました。 ( 360円 )
アブダビの豪華な宮殿 QASR AL WATAN  カスルアルワタン 、 
アラブ首長国連邦の外交の場として 世界の要人を迎えるいわゆる大統領官邸です。

タクシーで向かいます


夜にはライトアップのショーがあると言うことなので夕方から行きました。
ホテルからは見えますが 意外と遠いです。 (タクシー 360円)

この大統領官邸は今年の3月に一般公開されたばかりで
まだあまり認知はされていないようで それほど混んではいませんでした。

広場に着きます広場に着きます


タクシーは官邸内の広場までです、少し回廊を歩きこの建物に入ります。

ここで入場料を払います


この建物で入場料を支払います。
自家用車で来た方は駐車場からこのカートで ↑
この建物まで送ってくれます。

大統領官邸


開館は10時~夜7時まで。
入場料は大人60AED (1800円 ← 意外とお高いですね ) 
音と光りのショーは7時45分からです。
ショーの開始時間は日没後と言うことで 季節によって前後するようです。

入場料金


チケットカウンターはこんな感じで特別混雑している様子はありませんでした。

HPからもチケットを買えますが 日にちを指定することになるので
事前に購入する必要はないように感じました ←2019,6 現在

インド系のお客さまが多いようです


チケット代は大人60AED となっていたので
そのつもりでカウンターに行くと 係の方から
「 何歳ですか? 」 と問われ年齢を言うと 「 ではシニア料金です 」 との事。

シニアは1人42AED (1260円) となりました。。
シニア割引に関してはどこにも出ていないので 何歳以上が対象なのか
分かりませんが シニアの方は自己申告するといいでしょう。
( HPにも記載されていませんでした )

シニア42DHS=1250円


チケットを購入したら お茶とデーツのサービスがあります。

お茶とデーツを頂きます


その建物を出て バスに乗り込みます。
歩いては行けないくらい敷地が広いんです。 それに暑いし。

バスに乗ります


カスルアルワタン  見取り図

大統領官邸 カスルアルワタン


さぁ入りましょう、ワクワクします。

官邸 入り口


むふぉ~~~ 広い!
この右側にインフォメーションのカウンターがありました。
ツアーガイドの案内をしていましたが 日本語の案内は今のところないとのことでした。
またスタッフに日本語を話せる方はいないようで 韓国のスタッフさんが
簡単な日本語を話してくれました。

さぁ入りましょう


更に中央に進みましょう。

うひょ~~~ 素晴らしく豪華な宮殿です。
中央の大ホールです。 広くて綺麗!
ドームは地上60メートルの高さで 直径は37メートルだとか。
世界で最も大きなドームの一つだそうです。

くわ~~~


しかも内装が金色で 目、目、目が眩む~~~

金色です!


この建物は先ほども書きましたが今年の3月に一般入場が始まったばかりです。
私たちが訪れた2019年6月時点では 日本のオプショナルツアーの
市内観光にはまだ組み込まれていないようでしたが
今後は モスクと共に観光の目玉になるでしょう。 
ドバイと違いアブダビには まだまだ観光場所が多くないので
この官邸が公開されたことにより より観光客の注目を集めることでしょう。

壁の模様が素晴らしいです


壁には小さな植物や星の形などを模した模様が連なっています。
大変手の込んだ細かい可愛いモザイクが施されています。
アラビアの芸術と技術が余すことなく感じられます。

この輝き!


また床は大理石で やはり植物模様のタイルがはめ込んであります。
アラブの衣装がよく似合う素晴らしい空間です。

この衣装がピッタリ


どこまでも続く回廊


頭上のシャンデリアも キラキラしてとても精工で しかも品があります。

シャンデリア


大広間の周りにはいくつものお部屋があります。
こちらはプレジデンシャルギフトと名前の付いているお部屋です。
世界各国の要人が UAE ( アラブ首長国連邦 ) を訪れた際に 
贈ったギフトが展示されています。

プレジデンシャルギフト


もちろん日本からの贈り物もありました。

日本から 壺


壺と鎧甲 よろいかぶと です。 
その他 各国のギフトもそれぞれ特徴があって とても興味深かったです。

日本からの贈り物


こんな素敵なエスカレーターもあります。

素晴らしいエスカレーターホール


このエスカレーターの先には 会議室があります。
各国の代表が集まるのでしょう。

此方も豪華な会議場


こちらにも大きなシャンデリアがドンと存在感を見せています。

会議場


↓ このティッシュボックス、 黄金色でした。

金色のティッシュボックス


こちらは宴会場です。

宴会場


安倍首相も来たという大統領官邸。
こちらでお食事を召し上がったのでしょうか?

宴会場見学


食器も黄金色です。

黄金の食器


ステンドグラスもお花の模様でとっても可愛いです。

可愛いステンドグラス


このほかイスラムの歴史や文化を展示してあるお部屋や図書館もありました。

アブダビやドバイは UAEアラブ首長国連邦の中の一つの国です。
また現在 アブダビの王様がUAEの大統領です。
そしてUAEの首都もアブダビになります。

実はドバイよりアブダビの方が遙かにお金持ちのようです。

以上ミニ知識でした。


私の好きな色使いの空間が広がっている大統領官邸ですが
特に私好みの空間が幾つかありましたのでご覧ください。

素敵な空間1


素敵な空間を見て頂きながら私の事をちょっと。。。

今 私が治療しているのは 今から5年前 2014年秋に
バンコクから帰って来た後 再発がわかったリンパ腫の治療です。
その時の様子はこちらのブログに書いてあります。
それ以降のバンコク旅行記の中にもちょいちょい 書いてあります。

私はご存知のように過去に何度も再発していて 色々なお薬を使ってきました。
そのため使えるお薬がなく 今回は (前回もそうでしたが) 
まだ認可されていないお薬を 治験という形で使わせて頂いています。
日本とスイス、 米国の製薬会社が開発を進めている抗がん剤で
今回はその有効性や有毒性を確かめるために始められた治験です。

5年前の再発時に 主治医の先生からお話があって 
第一相と言う日本で初めてこの治験薬を使う患者群に入れて頂きました。

使うお薬の量によって 第1グループ 第2グループ 第3グループと
別れていましたが ( それぞれ4人づつ選ばれていたと思います。 )
第3グループは 薬の量が多かったせいか 海外の治験で亡くなる方が多く
始まって間もなく 海外も国内も中止になりました。
と言うことで 国内では私をふくめて 第1グループ 第2グループ
として8人ほど参加していたと思います。

素敵な空間2


その後 第1グループの方が抜け 第2グループの方もいなくなり
日本で今 この薬を単体で使って生きているのは 
紀子さんだけになったよ、 と先生から言われました。 

まぁ8人くらいしかいなかったから そうなんだ~、 と思っていました。
ところが先日 先生から 世界中でこの薬を使って生きている人の中で
一番長く生きているのは紀子さんになったよ、 と伝えられました。

えっ! せ せ 世界一???

確か海外でこの薬を 私より前から使っていたのは当初60~70人くらい
いたと記憶しています。
その方達がどのような理由でこの治験から抜けて行ったかは分かりませんが
治験はいつでも自分の意思で辞めることが出来ます。
また副作用がキツくて辞める方もいました。
そしてこれが一番 重要なのですが 一旦始めたら 予定通り
治療を受けなくてはいけないと言う決まりがあります。
例えば 体調が悪かったりして 指定された期間に治療が出来ないと
次に進むことは出来ず そこまでで終了になってしまいます。
そのほか 再発したり 途中で残念ながらお亡くなりになった
と言う方もいらっしゃったかと思います。
様々な理由で この治験をおやめになった方が多かったようです。

トイレ


それで この薬を使っている患者さんの中で 今 私が  
世界で一番長生きしているとは。。。
先生は良かったね とか すごいね とか言ってくれましたが
えっ? これって喜んでいいのかしら?
私にしてみれば 何となく嬉しくないような気もします。
だって。。。 
参加している多くの方に効果が出ていれば良かったのに。。。
複雑、 手放しでは喜べない気持でした。

ただ私はこのお薬のみ使う治験に参加していますが 数年前から
標準治療とこの薬を組み合わせて使う治験も行われているので
そちらの方で 多くの皆さんに良い結果が出ているといいな~ と
思うこの頃です。

この治験を初める時に この治療は何回やるのですか? と質問したら
先生から 「 エンドレス 」 と言われ ひどく驚いたものです。

エンドレスについてはこのブログの後ろの方に書いてあります。

でもまさしくエンドレスで それから5年も続けています。
先日 なんと70回目の抗がん剤治療を受けてきました。
5年もの間 何事もなく生き延びているとは自分でもビックリです。
やっぱり このお薬のお蔭なのかしら?

と こんな事のあった今年の私の病気でした。

金色のオブジェ


この金色のオブジェは アラビア文字を表しているようです。
皆さんこのオブジェをバックに写真を撮っていました。

最近テレビのアナウンサーの方が同じ病気で治療を始められました。
私と同じ型のリンパ腫で 発病したときの悪性度も
治療しなければ月単位の速さで進行していく と言う物で
似たような状態のようです。
でも こんな私でも生きているのですから きっとその方も
乗り越えられると信じています。

私のモットー 
「 ダラダラ生きて行く事 でも侮らないで でも堂々と 」
気負わずにこんな感じで生きていたら17年経ってしまった、
という感じです。



さて アブダビに戻ります。
官邸内には素敵なカフェもあります。

カフェ


スタイリッシュなショップもありました。

ショップ


外に出ると ほどよく陽も暮れていました。
昼間訪れたビルも よりくっきりと見えます。

エディハドタワー


アラビアンナイトの雰囲気満載です。

夕暮れ


大統領官邸 夕暮れ


薄暗くなり 音と光りのショー プロジェクションマッピングが始まりました。

ライト&サウンドショー


官邸がライトアップされて アブダビの歴史? みたいな物語が
表現されているような感じがしました。

ショー


金色


幻想的


大変幻想的で素晴らしいショーでした。
夜になると少しは過ごしやすくなるので 気持ち良く見学できました。
官邸もショーも 本当に素晴らしくて 感激しました。


タクシーでホテルに帰り 前日 混雑して行かれなかった
ホテル内の中華レストラン 客家山=ハッカサン へ行きました。

9時頃になっていたので 団体さんはいなくて 欧米系の
個人のお客さまばかりでした。 
( 中華料理は人気がありますね 満席でした )

中華レストラン


スタッフの方はどのレストランでも 日本人にとても親切でした。
私たちが日本人だと知ると 唐突に 「 厨房の中に入ってみる? 」
と提案してくれて 厨房を見学させてくれました。
そして料理長を紹介してくれました。
私たちから言い出したわけではなかったので
なぜ その様な提案をしてくれたのかは分かりませんでしたが
日本人に喜んで貰いたい、 と言う雰囲気があり 私たちも嬉しかったです。
( もしかして私たち夫婦をミシュランの審査員とでも思ったのでしょうか?
  ないない、 笑 )

点心盛り合わせ 4140円

点心138DHS=4140円


フルーツ盛り合わせ 1770円

フルーツ59DHS=1770円


お料理はどれもとっても美味しかったです。
周りの欧米の方達は皆さんお箸を使って上手に召し上がっていました。

点心4140円 ソフトシェルクラブ3500円 焼きそば2400円
フルーツ1770円 アイスクリーム1050円
飲物など入れて15000円ほどでした。 
( お料理のバウチャーが16000円分あったので 
  支払いはアルコール分の2300円のみでした )

15000円、支払い78DHS=2300円


バウチャー分は使い切れず もっと食べれば良かったと、
今 写真を見ながら思いました。

夜のホテル


夜のホテルです。
明日はフォーシーズンズアブダビに移動して 
ルーブルアブダビ美術館を見学します。

今年一年 長い旅行記にお付き合い頂き 本当にありがとうございました。
最近 以前はたくさんあった旅行記ブログが少なくなっているようで
旅の検索をすると 数年前の旅行記が多くて 最新の旅行記は見当たらなくなりました。

ずっと同じスタイルで続けている 「 紀子の部屋 」 ですが
少しでも どこかで誰かの旅行計画のお役に立てれば と思っています。

では 皆さまにとって2020年が素晴らしい年になりますよう
心からお祈りしています。