紀子の部屋・New

旅好きな私が行く楽しい旅の記録 パート4

カープ

2017・5  バリ島 4,   アマヌサ 施設編

広島 カープ観戦旅行  ↓ 宮島        2017年10月記

2F235584-E1AC-4E67-A737-15C30E65ECE2


台風の影響で 2日間遅れがでたプロ野球CSシリーズ、 しかも
残念ながらカープは日本シリーズには進むことが出来ない結果になりました。

そんな結果になるとは知る由もない先週、 第3戦のCSのチケットが
奇跡的に取れたので 主人と2人で広島に観戦に行って来ました。
( 事前申し込み抽選のチケットの倍率は47倍だったそうです。
  わが家は60枚以上申し込んで 2枚当たりました )

広島駅 南北自由通路


↑ 長い間工事中だった広島駅、 今回は 南北の自由通路が開通していました。
  とっても便利になっていましたよ!

駅に貼ってあったポスターの
「 さぁ 本当の戦いはこれからだ!! 頼むぞカープ!! 」 の文字が
今となっては空しすぎる~~~

試合は私が行ったその日から4連敗してしまいましたが 
セリーグでは 巨人以外初の2回目の 「 2年連続リーグ優勝 」、 
その勲章は大きな誇りだと主人は言っています。
そしていつかは鈴木誠也が監督になるだろう、 とも言っていました。
いったい何年後?
その姿を 見ることが出来るのでしょうか~。
なんか その想像も 空しすぎる~~~

終わってしまい淋しい気持ちもありますが 最近はずっと負けていたので
何だか胸のつかえが取れて ホットしました。
解脱の心境です。。。

私たちを励ましてくださった皆さん ありがとうございました。

アリス様にもご心配頂きましたが ヒルトン福岡はすぐにキャンセルしました。
また行ける事を願って 私の今年のペナントレースが終わります。。。

マツダスタジアム 
↓ テレビでよく映る ヤシの木のあるゲートブリッジ席です。
  
Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島




さて 気持ちを切り替えて
2017年5月 主人のお誕生日に行ったバリ島旅行記 今回はアマヌサの施設編です。
前回までの旅行記  
1, 予約~マレーシア航空ビジネスクラス 
2, 乗り継ぎで訪れたマンダリンオリエンタルクアラルンプール 
3、 マレーシア航空バースディフライト ~ アマヌサチェックイン はこちらです。

↓ アマンにはテレビがないと思っていましたが 
  アマヌサには 大きなチェストの中にテレビがありました。

テレビもあります


旅行記4回目の今回は アマヌサ、プールスイートのドレッシングエリア
プライベートプール そして ホテルのメインプールの様子です。

ベッドの両側から後ろに回り込むと そこがドレッシングエリアになっています。

ベッドの後ろがドレッシングエリア


ベッドの真後ろにはクローゼットがあり その向かいに男女2台の洗面台
その先に トイレ バス シャワーが坪庭に面して並んでいます。

洗面台 左が女性用



そうそう kumiさまご所望の拡大鏡もありました。

それぞれのカウンターの下には 虫よけグッズ 日焼け止めクリームなど
が置いてあります。

カウンター下に色々


アメニティはそれほど充実はしていません。
歯ブラシ シャワーキャップ コットンなどはありましたが 
スリッパは置いてありませんでした。

また ティーバッグやカップ、 ティファールのようなポットもなかったので
( コーヒーメーカーもありませんでした )お部屋でお茶を飲むために
ポットとカップをお願いしました。
直ぐ快く持ってきてくださったので リクエストすれば ほぼ何でも
揃うような気がしました。

2つの洗面台の間に バスタブが埋め込んだような形で置かれています。

間にバスタブが


坪庭の上から光が入る明るいバスルームです。
ただ バスタブの周りには手すりがどこにもないので ちょっと怖かったです。
床も大理石なので滑りやすいし バスタブも大きいし。。。
素敵なホテルの滞在時は いつもこの点に注意しています。

ガラスの向こうの植物の下は池になっています。

埋め込み式のバスタブ


この写真は光っていて良くわかりませんが バスタブにつかると池が良く見えます。
小さな魚が泳いでいるんですよ。

バスグッズ


壁には何か所にもバスタオルがかかっていますが このタオルの掛け方、
アマン独特の掛け方で 以前宿泊したアマンサラもこのようにかけてあったと
記憶しています。

アマンリゾートのタオル


トイレもシャワーも坪庭に面しているので明るいです。

明るいトイレシャワー


クローゼットは2か所 その間に引き出しとスーツケースが置ける台が
あります。
クローゼットの中には金庫と 大小2つの黒い帽子と籠バック
そしてチェックの素敵な布が入っていました。
布は 寺院にお参りに行く際に 腰に巻くためでしょうか?

クローゼット、帽子とかごバッグ


これらはお持ち帰りが出来ます。
ただ女性用の帽子は ツバがとても大きいので 私は男性用の帽子を
被っていました。 ↓

鏡に映る私とローゼット


お部屋の横の屋外スペースにもシャワーがあります。

屋外にもシャワーが


が このシャワー、プール側ではないので 使う機会がありませんでした。

アウトシャワー


こちらの床も磨きこまれていて 外のブーゲンビリアもきれいに映えています。

磨きこまれた大理石の床


屋外シャワーと反対側の窓からは プライベートプールが見えます。
では外に出てみましょう。

外のプールがみえます


テラスには大きなバレがド~~~ン と置かれています。
ここでまどろむのは最高です。

バレ


バレの横から階段を降りると

テラスには大きなバレ


こちらにプライベートプールがあります。

テラスを降りるとプールが


向こう側にはヌサドゥアの海とホテル群が見えます。

一段下がってプールが


テラスから下に降りるとプール


広いプールです。

午後のプール


プール側からヴィラを見ます。

プールからヴィラを見る


5月下旬の滞在でしたが この時期は普通にプールで泳げる気候でした。
以前5月にウブドに行ったことがありますが ウブドなどでは
プールに入るのは ちょっと寒いかもしれません。


では アフタヌーンティーを頂きにホテルのバーに行ってみましょう。

お庭


敷地はとても広いので 景色を見ながら散歩するのは楽しかったです。
私たちのヴィラの手前の上にはテニスコートもありました。
 
アマヌサ テニスコート


ロビー棟に到着です。
ロビーの横には蓮池があり 朝方には蓮の花が咲いていました。
その先がザ・バーで チェックインをしたところです。
午後にはこちらでアフタヌーンティーが楽しめます ( 無料 )

ザバーに続く蓮池


ザ・バー
数種の焼き菓子とお茶が用意されています。

アフタヌーンティー


ホテルは高台に建っていて しかもホテルの建物自体が高く 
その2階部分にあるザ・バー からは素晴らしく雄大な景色が楽しめます。

ザバー


屋外席、 屋内席 どちらでも ご自由に。。。

この景色を見ながら頂くお茶の時間、 幸せなひと時でした。

アフタヌーンティー


ザ・バーへ行く渡り廊下から見るプールの景色です。

ロビーから、海とプール


アマヌサのプールの写真を見て頂きながら アマヌサを選んだ経緯をお話します。

以前からお伝えしていますが 主人はバリ島が大好きです。
何せ海育ち、 小さい頃は 家が海の前にあり 
( 今は 海の前に大きな道路が出来たり 家が出来たりして 
海が目の前という立地ではなくなりましたが 庭の土は海の白砂でした )
小さい頃から海とともに育ってきた主人です。

プールとレストラン


そういう生い立ちなので 海を目の前に ぼ~とするのが大好きです。
何もしないで ただただ ゆっくり海を眺めると言う感じ。
それで何度もバリ島に行っている私たちです。

バリ島には新しいホテルが続々と誕生しています。
今回の旅でも 今度はどこに泊まる? と色々候補を挙げて探しました。

ロビーから見るプール


セントレジスが大好きな主人にとって セントレジスは外せません。
ですので あとの2泊をどこにするかを考えていました。
昨年宿泊した 「 ザ・ムリア 」 も それはそれは最高でした。
ただ他のホテルにも泊まりたいな、と。

そんな時に 主人が ふと アマンはどう? と言ってきました。

↓ テラスレストラン方面から見るプール

メインプール


ザ・ムリアと同じくらい払うのならアマンも泊まれると思った主人。
( 昨年のザ・ムリアはオーシャンビューで1部屋、朝食付き1泊6万円くらい、
  セントレジスはスイート 1部屋、朝食付き1泊72000円でした
  ツアーだったので詳しい代金は分かりませんが 延泊時の代金です )
甘い甘い、 アマンはその金額では泊まれないよ~ と言った私ですが
念のため HPを検索して見ると。。。

ロビーとバーとプール


↑ 右側にそびえ立っているのが先ほどのザ・バーの建物
  左側がロビー棟です。

むむっ、 なんと 期間限定で 通常の料金よりだいぶお安い金額が
HPに載っているではありませんか?
お安い代金は 通常はインドネシア人限定の料金だったりするので
ぬか喜びをする前に よくHPを確かめてみると 誰でも利用出来るプランのようです。

1泊 500ドル というお値段です。 ( 朝食 空港送迎付き )
( これに 税10% サービス料10% 合計21%がプラスされます )
日本円に直すと 66000円くらいです。( 1ドル=110円として )
私の感覚だとアマンは 1泊1部屋10万円はしていたかと思います。

左がレストラン


↑ 左がテラスレストランで 朝食はこちらで頂きます。(ディナーも)  
 右側がロビー棟です。

2007年にアマンサラに行った時は 1泊10万円しました。
これはお部屋代だけで それにお食事、遺跡入場料、等付けると
( 自動的に付くシステムだったかと ) 1泊13万円でした。

ビーチ チェアー


またNYのセントレジスは やはり1泊、朝食なしで73600円しました。

そう考えると 為替の影響もあるので一概には比べられませんが 
アマヌサ 1泊一部屋500ドル++ は大変お得な値段設定だと思いました。
( 以上の金額は全て 1部屋 2人分の代金です )

メインプール ソファー


HPから申し込んでも良かったのですが ( この場合 宿泊時にホテルで支払う )
ドル建てだと この先 為替がどうなるか心配があったので 
このお値段付近の料金が ( 事前に支払う ) 他のサイトで出ていないか 
探したところ アップルワールドのみ、お安い設定のお値段がありました。
アップルワールドは申し込んだ時点での金額、日本円での決済ですので 
この先為替が変わっても納得して予約できます。
( 支払期限までは予約のみでOKです。
  支払った後でもキャンセル可能料金ならば キャンセル日までは返金されます )

ということで 2泊朝食付き ガーデンスイート 127900円で
予約しました。 1泊63950円。 
( 福利厚生を利用したので正規のアップルワールドのお値段よりも7%
 引きになっています )

突然話は変わって 
夕方にアマヌサのプライベートビーチに行ってみました。
こんな車で送迎をしてくれます。

ビーチへ出発


話は戻って 
現在もこのプランは出ていますので ご興味ある方はどうぞ参考にして下さい。
アマヌサHP

参考までにアップルワールドのサイトです。
こちらの料金は 複数の代理店の料金が記されています。
どれも税 サ 込みで日本円建てなのでこれ以外の料金はかかりません。
キャンセル規定に注意して下さい。

思いがけず手頃な料金で予約できて 本当に良かったです。
以上がアマヌサを予約した経緯です。
( アマンダリ アマンキラ もこの料金がありました。
  但し 泊数などに制限があります。 )


ではビーチの話に戻ります。

車で坂を下って 公道を渡ってヌサドゥアのビーチに出ます。
「 アマヌサビーチクラブ 」 入り口です。

アマヌサビーチクラブ


アマヌサカー

アマヌサカー


アマヌサ専用のプライベートビーチです。
公道から海に向かって入る道沿いは工事中です。 
( 以前ゴルフ場があった所です )
スタッフさんが言うには そこにはシャングリラのレジデンスが
すでに建っていますが その傍にホテルを作っているようです。
( たしかシャングリラのホテル棟 と言っていましたが。。。 )

アマヌサビーチ


シャングリラのHPに新しくオープンするホテルの一覧表がありました。
それによると2019年オープンのようです。
その名も 「 シャングリ・ラ ヌサドゥア リゾート&スパ バリ 」 。
楽しみです!

アマヌサビーチ


浜辺には ビーチバレとテーブルセットがゆったりと置かれています。
奥で工事をしているのが分かります。

ビーチバレ


席に案内されるとすぐに ビーチボーイがお水とおしぼり日焼け止めなどを
セットしてくれました。

お水のサービス


プライベートビーチの パラソルセットとビーチバレは5セットくらいあったと思います。
夕方のこの時間帯のゲストは 私たちを含めて2組でした。
本を読んだりして ゆっくりと過ごしました。

プライベートビーチ


浜辺には最近植えたのでしょうか? ヤシの木?が植えられていました。
セントレジスの浜辺には整然とヤシの木が植わっているのですが
こちらの浜辺には今まで何も植わっていなかったのですね。
きっと あっという間に根付いて 大きくなるでしょう。

ヤシの木が


夕方は影が長く伸び 地元の人も浜辺伝いにやってきていました。

プライベートビーチ


さぁ そろそろホテルに帰りましょう。
席を立つとすぐにスタッフさんがやってきて 私たちを車寄せに誘導してくれました。
既に運転手さんも車に乗ってスタンバイしています。
すごい! 全く待つ時間もなく ホテルまで送って貰いました。


今日のディナーは 日本からIZUMIさんに予約してもらった
アマヌサのレストラン 「 ザ・テラス 」 で頂きます。

夜のロビーも幻想的でとってもステキです。

夜のロビー


夜のロビー


次回はアマヌサのレストラン 「 ザ・テラス 」 そしてヌサドゥアのホテル 
「 ラグーナ ラグジュアリーコレクションリゾート&スパ 」 ↓
での夕食 などをお話します。

ラグーナリゾート

2017・5  バリ島 2, マンダリンオリエンタルクアラルンプール

ツインタワーと噴水


2017年5月 主人のお誕生日に行ったバリ島旅行記
今回は 乗り継ぎで訪れた マンダリンオリエンタルクアラルンプールの
滞在を綴って行きます。

前回の旅行記  1,予約~マレーシア航空ビジネスクラス はこちらです。

↓ クアラルンプール国際空港 KLIA

クアラルンプール国際空港(KLIA)


上の写真の左下の部分がメイン棟で 主に国内線 近距離国際線で使用、
右上の十字の部分がサテライト棟で 主に国際線 長距離線で使用です。

今回は国際線なので 日本からの到着時とバリ島への発着時のどちらも
この十字のサテライト棟を利用しました。
ということなので 同日乗継の場合も 経路はとても分りやすく 
短時間で乗り継げる という訳です。
また2つのターミナルは エアロトレインという電車で移動します。
マレーシアに入国の際は 到着したターミナルからエアロトレインに乗り
メイン棟に移動します。
その後 入国審査 ~ バゲージ ~ 税関 という流れです。
( 詳しくはこちらです。 )

税関を出て到着ロビーに出る直前に エアポートタクシーの窓口があります。

エアポートタクシー


空港からは KLIAエクスプレスという 空港とクアラルンプール中心部を
結ぶ列車が出ています。
タクシーでは 渋滞があると1時間以上はかかる市内まで 28分で行けるのです。

私達もこれに乗る予定でしたが 初めてのクアラなので ホテルに問合せした所
この列車は KLセントラル駅までで マンダリンはそこからまた
地下鉄を乗り継ぐそうなのです。( 約15分と言っていました )
ましてや移動時間が夕方で もっとも電車が混雑する時間帯です。
大きな荷物を持っての電車での移動は勧められないという事、 
やはりタクシーを使った方が良いのではという回答でした。

ということで メールで案内された上記のタクシーカウンターで
クーポンを購入し タクシーでホテルへ向かうことにしました。

ホテルまでのタクシーはゾーン定額制で 車の種類によって 料金は
プレミア(高級)、 バジェット(普通)、 ファミリー(大人数)と
3種類あるようです。
ホテルからのメールでは 一番安価なバジェットで120リンギット( RM )
( 約3200円 )くらい、 と案内されていました。
(  1RM=26.58円  2017,9 現在 )

ところが こちらのカウンターで発券してくれるのは ファミリー4人 
と言う車で 1台233RM ( 約6200円 ) のみ、と言われました。
ホテルから案内された料金120RMと かなり違うので 
こちらでは買わず 外の到着ロビーに出てみました。

そしてタクシー案内にいるおじさんに聞いてみると そこから右に行き
再度建物に入ったところにタクシーカウンターがあるから 
そこでクーポンを買うように言われました。

それがこのカウンターです。 ↓

外のエアポートタクシーカウンター


さっきのカウンターとこちらのカウンターでは 何がどう違うのか 
不明のままでしたが こちらでは118.7RMで ( 3160円 )
クーポンを買うことが出来ました。( クレジットカードOKです ) 

プレミア 118.78リンギット


カウンターのお姉さんは プレミアム車、と言っていましたが 
( 表示もそうなっていますが ) 全然プレミアム感のない車でしたから
もしかしてバジェットタイプの車だったのかもしれません。

乗り場は ( さっきのおじさんに案内され ) ゲート5の前でした。 
タクシーに乗車して 降りる時にドライバーさんにクーポンを渡せばOKです、 
追加料金は一切かかりませんでした。

空港から市内までの移動方法は こちらに詳しく書いてあります。

そして車で走る事 1時間10分、 ツインタワーが間近に見えているのに
渋滞が激しく なかなかホテルに着かない、と言う状況の中 なんとか無事に
「 マンダリンオリエンタルクアラルンプール 」 に到着しました。
( 空港から市内はすいていると45分、 混んでいると1時間半から2時間
と言われていたので この日は夕方としては混んでいなかった方でしょう  )

マンダリンオリエンタルクアラルンプール


「 マンダリンオリエンタルクアラルンプール 」 はツインタワーの真横に
堂々と建っています。

↓ 正面がチェックインカウンター

チェックインカウンター


空間が広い豪華なロビーは 夜だったせいもありますが 
全体的に黒とゴールドでまとめられ とても重厚です。
今風のスタイリッシュなホテルではありません。

ロビー


随所にあるオリエンタルな意匠は マンダリンの世界観を醸し出していました。

ホテルロビー


シャンデリアも大変豪華 キラッキラです。

エレベーターホール


5時05分に空港に到着して ホテルにチェックインしたのは
7時半頃でしたので 辺りは暗くなり始めていました。

カウンターの聡明そうな美人スタッフさんは かなり長い間
私たちのパスポートを見たりして PCをたたき お部屋を選んでくれました。
( 私たちの予約したお部屋は ツインタワービューのお部屋です )
美人さんは 「 改装したばかりの綺麗なお部屋です 」 と言った後 
朝食はラウンジでどうぞ、 と言いました。
えっ? 朝食? ラウンジ?
慌てて 私たちの予約は朝食付きではないのです、 と言ったら
「 クラブラウンジ付きのお部屋にアップグレードしました 」 ニコッ!
とのことです。 

いつもなら うれしい~~~ となるのですが。。。

「 大変ありがたいのですが 私たちは明日早朝にホテルを出発しなくては
ならないので 残念ながら朝食は頂けないと思います 」 と話しました。
すると美人さんは 「 なんの問題もないです、 お部屋に用意させますよ。」
と嬉しい提案をくれました。
「 いいの? 本当に? 」
「 はい 大丈夫ですよ、ではジュースは何がよろしいですか? 」 
と言う流れで 明日の朝食のジュースを選んで 朝食の件は落着しました。

廊下


次に 明日は早朝発つので 今 タクシーの手配をした方がいいか質問しました。
( 私たちの明日の便は9時発なので 5時半頃に発つ つもりです )
ホテルから空港までタクシーを予約すると 
朝6時からの日中の予約だと160RM = 4250円、 
深夜から早朝6時前までの予約は ( 確か ) 230RM = 6100円 
と言われました。
( ホテルの送迎車ではなく 普通のタクシーです。 )

私たちの飛行機の出発が9時だと告げると 早朝だから渋滞はないので
6時過ぎの予約で大丈夫ですよ、とアドバイスをくれました。
当初の5時半の予約に比べ 代金が1850円も違うのですから 
美人スタッフさんの助言に喜んで従いました。
ありがとうございます、 詳しく説明して下さり感謝しました。
( 全て英語での対応ですので こんな感じ、という事です )

160RMはホテル付けで チェックアウト時にカードで支払いました。

美人聡明スタッフさんの案内でお部屋に入ります。
30階の15号室です。

館内図15号室


今回の予約はツインタワービューのお部屋を予約してありましたし、夜到着の早朝出発、
と言うことで お部屋の向きや階数希望など リクエストは何もしませんでした。

でもありがたいことにアップグレード頂いて
クラブツインタワービューのお部屋に泊まることができました。

3015室、入り口から


美人スタッフさんは私たちを案内した際に 改装済みのお部屋ですよ、と
数回言っていましたので 最近改装したようでした。

お部屋


ホテルのHPの写真を見ると まだ改装以前のお部屋の様子が分ります。
絨毯、テーブル等 かなり大がかりに改装したようです。
特に窓は HPのお部屋は床から少し立上がりがありましたが 
今回のお部屋は 窓が床からになっていて すっきりと垢抜けた感じになり 
景色も より迫力を感じられる造りになっています。

ただ私には 絨毯の模様がちょっと目にうるさく感じました。
( 夜は全体的に 黄色みを帯びて見えたのですが 
  昼間なら もっとブルーっぽく見えるのかもしれません )

お部屋のテレビ


お荷物はポーターさんがすぐ持ってきてくれて、 バトラーさんやら
お部屋のスタッフさんやら 後から後から全部で4人も集まって 
それぞれにお部屋の案内をしてくれました。 ( 全て英語でした )

ツインベッド


ベッドはツインベッド
↓ このテーブルは翌朝 お食事を取る際にも便利に使わせて頂きました。

ツインタワービューのお部屋


そして自慢のツインタワービューがこちらです!

ツインタワービュー


えっ! こんなに近いの?
そう、すごく近いんです、 真横にタワーが ド ド ド~~~ンと建っています。

お部屋から


しかもプラチナ色です、 めっちゃ綺麗!!!

お部屋の窓から


先ほども言いましたが 窓は足元からありますので かなり迫力のある景色が楽しめます。
そして窓辺にウエルカムドリンクが置いてありました。
( たしか酸っぱいジュースだったかと。)

ウエルカムドリンク


↓ 重厚な感じの洗面台。 ( こちらは改装していないかも )

洗面台


↓ バスルームも豪華な うす黄色の大理石。

バスルーム


↓ 有料の冷蔵庫内           コーヒーカプセルやティーバック ↓

れいぞうこ有料コーヒー、紅茶


一通りお部屋の説明が終わったところでスタッフさん4人が縦に並んで
ハッピーバースディの歌を歌いながら拍手をしてくれました。
まぁ クラブルームへのアップグレードは 主人のお誕生日旅行のお祝い、
と言うことだったようです。
蝋燭に火が付いたケーキまで頂き主人はビックリ、大喜びでした。

バースディケーキ


お部屋の説明が終わって スタッフさんと記念写真を取りました。
ホテルのカメラで1枚撮って その後 自分のカメラでも撮って頂きました。

台北のマンダリンに泊まった時も お友達のお誕生日当日だったので
やはりそこでもスタッフさんが写真を撮って下さり チェックアウトの際に
その写真を下さいました。
今回は この写真のことはすっかり忘れていましたが
旅行から帰ってきたら 家のメールに この写真が送られてきていました。 

スタッフさんからお祝いを



スタッフさん本当にありがとうございました。
お部屋のアップグレード、タクシーの説明、無料の朝食、そして
このバースディのお祝い 4つのお心遣いに主人は感激していました。
たった11時間の滞在で ここまでしてくれるとは さすがにマンダリンだね、
と主人はとっても嬉しそうでした。

スタッフさん達は にこやかで大変丁寧な応対で フレンドリーと言うよりは
きちんとした正確な接客という感じで とても好感が持てました。
やはりこの辺も 歴史のあるホテル、と言う気がしました。


お部屋のカードキーの入れ物に マンダリンのお扇子の絵があったので
スタッフさんに聞いてみると お扇子は1階のショップで扱っていると
教えて頂きました。

お部屋のキー


台湾のマンダリンにはショップがなく クラブラウンジのスタッフさんに
手配して頂き お扇子を入手しました。
クアラルンプールにはショップがあるんですね~

でもショップは8時まで、との事なので せっかくのスタッフさんとの
触れ合いを名残り惜しみつつお別れし ショップに向かいました。

ギリギリにセーフでショップに駆け込みました。
お扇子は。。。

マンダリンお扇子


( ↑ この手、私の手ではないのよ、 ショップのマネキンさんの手です )

ありました、 が キーケースの絵のお扇子ではありませんでした。
でもよく見るとちゃんとマンダリンのロゴ入りです。

マンダリンオリエンタルホテル


お値段は税込みで64RM、 でも なぜかこの時は 一割引よ、と
ショップのお姉さんが言っていましたので 57.6RM (1500円)
でお買い上げしました。
色は この時は 黒 紫 ブルーの3色がありました。

64RM,一割引で1500円


記念に数本 お買い上げしました。
でもやはり ホテル毎のあの綺麗なお扇子は 売ってはいませんでした。

↓ 参考までに台北のお扇子です 
  ( 1200元 = 4590円 )

マンダリン台北 お扇子


さぁ 一晩限りのクアラの夜。
早速外に出て ツインタワーとご対面しましょう。

夜のマンダリン


お~~~
ペトロナスツインタワーと噴水とマンダリンです。

夜のKLCCパークとタワー


↑ ↓ 左に見える茶色の建物がマンダリンオリエンタルクアラルンプールです。
    扇のマークが光っています。

噴水とマンダリン


ツインタワーの前は公園になっていて 池では噴水ショーが行われています。

七色の噴水


噴水ショーはラスベガスのように大きい規模ではありません。
でも 七色に光ったり 噴水が踊ったり 色々工夫を凝らしてあります。
ショーは時間毎に行われていると思いましたが 私たちがいた時には
ずっとショーが行われていました。

噴水


地元の人と観光客が気楽にこんな感じで見ています。
規模は小さかったけれど なんか とっても癒やされました。

噴水


↑ 噴水の向こう側にあるホテルは 「 トレーダーズホテルバイシャングリラ 」
  で ツインタワー側から見て公園の反対側にあり ツインタワーを真正面に
  観ることの出来るホテルだそうです。

グランドハイアットも向こう側にあり 眺めがいいようです。


夕食は ツインタワーの下にある 「 スリアKLCCショッピングセンター 」
の中で頂きました。
マレーシアは宗教的にアルコールを頂かない人が多いので
レストランでもお酒類は出していないところが多かったです。
この日は ミーゴレンとフォーと冷たい飲み物で 夕食を済ませました。
今回は1日だけの滞在でしたのでリンギットへの両替はしていません。
この夕食とホテルの支払いは 全てカードで支払いました。

スリアKLCCショッピングセンター


↑ スリアKLCCショッピングセンターには伊勢丹も入っています。

クアラルンプールは有名なホテルが意外とお手頃な価格で泊まれるので 
ホテルホッピングをすると楽しそうです。
またいつかゆっくりと訪れてみたい都市です。

ペトロナスツインタワー


夜景を堪能し 夕食を頂き ホテルに戻ってきました。
せっかくのクラブルーム滞在ですので ちょっとラウンジを覘いてみました。

クラブラウンジ


凄く広いラウンジです。

クラブラウンジ


食事をしたり お酒を飲んだり 用途によって様々なタイプの席を使え、 
リラックスして楽しめそうでした。

クラブラウンジ


大人数でゆったりくつろげそうなソファー席

ラウンジ


天井の高い空間です。

窓際席


窓際席は景色がいいです。

2人席


一番圧巻なのはこの席です。

クラブラウンジ


ツインタワーがドド~~~ンと真横に建っています。

ツインタワーが間近に


凄い迫力ですね~

ラウンジから


↑ 眼下に噴水が見える席です。

↓ クラブラウンジのオープン時間です。
  朝食は朝6時半から、 カクテルタイムは5時~7時までです。
  
クラブラウンジ 時間


さぁ お部屋に戻りましょう。
既にターンダウンは済んでいて ナイトスイーツが置いてありました。

夜のチョコ


おっと、 私たちのお部屋からも噴水が綺麗に見えていましたよ。

お部屋からの噴水


さて翌日 朝6時のタクシーで空港に向かいます。

その前に 昨日 予約したサービスでの朝食ボックスです。
出かける支度をしながら お部屋で朝食を頂く事ができ 効率的でした。
デニッシュが一人4つ、 フルーツ、 ヨーグルト、 ジュース、
コーヒーです。

お部屋の朝食ボックス


どれも綺麗で本当に美味しかったです。 
最後までありがとうございました。

チェックアウトでは 昨日の扇代 + 予約したタクシー代 を
カードで支払いました。
( ホテルの宿泊代は事前払いしていました。 2017年5月滞在 
  3日前までキャンセルOKの料金 Hotels.com 18450円 )

早朝のロビーにはお茶のセットが置いてあり 自由に飲むことができました。
こういう心遣いもさすがですね。

早朝のロビー


早朝のチェエクアウトのカウンターには 昨日お世話になったスタッフさんは
いらっしゃらなかったので 昨日のお礼をお手紙に書いて 
カウンターのスタッフさん経由で渡して頂く事をお願いしました。

今回は 評判の良いプールやレストランも利用していないので 
次回はゆっくりと滞在してみたい マンダリンオリエンタルでした。


ホテルから空港までは45分で到着しました。

クアラ早朝空港


メインターミナルでチェックインをして エアロトレインでサテライト棟へ
そこで マレーシア航空の ゴールデンラウンジにお邪魔しました。

クアラ空港


次回は ゴールデンラウンジの様子、マレーシア航空でバリ島まで、
そしてアマヌサまでの 怒濤のおもてなし攻勢 編です。

さて最後はやっぱりカープで〆ますね。

2017 カープ優勝


今年もカープは優勝しました!!!  おめでとうございます。

選手の皆さん、 スタッフの皆さん そして私たちと同じく応援していた
ファンの皆さん、 本当にありがとうございました。

何度かつまずいてハラハラドキドキでしたが 無事優勝してくれてホットしました。

8月は 私が観戦に行くと 東京ドームも神宮もハマスタも どこも負けるという 
ふがいない結果に 応援に行くのが怖くなり テレビも見れなくなりました。

↓ 7月7日 七夕の奇跡         8月26日 マツダの夕景 ↓

七夕の奇跡マツダの夕方


そんな中 主人は強い心を持って応援していた甲斐があって 
神宮での 7月7日の 「 七夕の奇跡 」 も生で見ていました。
( 8-3でカープが負けていた試合、9回表に6点とって逆転勝ち )

私が生で見た 8月22日の 「 ハマスタの悪夢 」 です。
( 2-5でカープが勝っていた試合 9回裏にDeNAの3者連続ホームランで
  4点入り逆転負け とほほ。。。 )


↓ 4月1日、開幕2戦目 サヨナラ勝ちで出てきたピンクスライリー

ピンクスライリー


諦めない気持ちを今年も貰いました。
ありがとうございました、 
そして もう一度 カープ優勝おめでとうございます!!!

まだまだ試合は続きます。
CSに勝って 「 私を 福岡に連れてって!!! 」 

↓ 8月25日 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

マツダ


マレーシア航空が9月30日までの予約で セール運賃を出しています。
成田―クアラ乗換―東南アジア  ビジネスクラス 96000円です。
私達が利用した8万円よりは高いですが ご興味があればご覧ください。
詳しくはこちらです 
( 運賃表は エコノミーとビジネス、 片道と往復が混ざっているのでご注意ください ) 

2017,1 「 煌めく香港 ~ マカオ 」 香港グルメ

↓ シェラトン香港のお部屋から見る早朝のヴィクトリアハーバー  2017年4月記

朝の香港島


JALダイナミックパッケージを利用した 2017年1月 香港~マカオ旅行
3回目の今回は 香港でのグルメを綴っていきます。

1, 準備 ラウンジ プレミアムエコノミー席 はこちら
2, シェラトン 夜の香港 はこちらです。

最初に2泊したシェラトン香港、 ダイナミックパッケージでは
朝食が付いていませんでした。
香港には美味しい朝食を頂けるお店がたくさんあるので 
外で頂くのも楽しみです。 

私たちはシェラトンブレックファーストは頂かなかったのですが
参考までにシェラトン香港の朝食です。  ↓ シェラトンカフェ

シェラトン カフェ


↓ シェラトンビュッフェ 250HKD = 約3750円

シェラトンビュッフェ


朝のペニンシュラ、 右隣がシェラトンです。

朝のシェラトンとペニンシュラ


朝食は ホテルからほど近いハーバービューのレストラン 「 映月樓 」 で
頂きました。
ここは昨晩シンフォニーオブライツを見学したヴィクトリアハーバーに面して
建っている 「 香港文化中心 」 ビルの2階にあります。

朝のハーバー


「 映月樓 」は 動物の形をした点心を出しているお店で
「 可愛い動物点心 」 が有名です。
ガイドブックには必ず載っているので 行ったことがある方は多いと思います。
私は今回が初めてです。
絶景を見ながら可愛い点心を 朝から夕方まで頂く事が出来ます。
夜は本格的な高級東料理のレストランになるようです。

映月樓 入り口


朝9時頃でしたがすでに店内は満席で少し待ちました。

レストランの真正面は ヴィクトリアハーバーです。

真正面がハーバービューです


シャンデリアがまぶしい 大変豪華な内装で
既にたくさんのお客さまが朝食中です。

映月樓


ハーバーに面してのテーブルには 椅子は4つありましたが
基本 2人連れのお客さまを案内しているようでした。

窓際の席


2人連れの私たちは そのハーバービュー席に案内されました。
( どうでもいいことですが 椅子の背もたれカバーが 干し椎茸のようで
  かなり気になりました。 苦笑 )

ハーバービューの席


メニューは きれいな写真付きで日本語の表記もあります。
写真付きのメニューにチェックをつけて係のおばさんに渡します。

日本語も書いてあります


平日の朝9時~11時半までは 幾つかの点心が割引きになっています。
大点心26HKD, 中点心21HKD, 小点心16HKDになっていました。
( この 大 中 小 の基準は点心の量や数ではないようで
 なんなのでしょう? 不明です ) 
↓ こちらが 朝の 大 中 小 の割引きメニューです。

朝飲茶


( 点心割引きは朝の他にランチの時間帯もあるようです。 )

お茶は一人15HKDです。
係のおばさんから ジャスミンティーでいい? と聞かれたので
凍頂烏龍茶をお願いしたところ お茶代15HKD と 凍頂32HKD 
が計上されていましたが 出てきたポットは1つでした。 こちらも不明? 

お茶


金魚の海老餃子42HKD, 豚肉と海老の焼売26HKD( 朝の割引き点心 )
焼き餃子スープ仕上38HKD, タケノコ入り海老蒸し餃子42HKD
お茶15と32HKD + サービス料 = 214.5HKD( 約3200円 )

朝飲茶


大変美味しい朝飲茶でした。
その時は気付かなかったのですが 今 レシートを見て振り返ると 
せっかくなので もっと朝限定の割引き点心を食べれば良かったです。

↓ 可愛い金魚の海老餃子です。 
  他にも動物点心はウサギのマシュマロやハリネズミのカスタード饅など 
  甘いものが多かったようです。

金魚


香港で美味しい飲茶を頂けるお店、 とホテルのスタッフさんに聞くと
こちらのレストランを紹介される事が多いようです。
日本人にも安心して行ける 豪華で清潔な内装 そして好立地
美味しい、しかもお手頃なお店という事で 主人も私もとても気に入りました。
ブログコメントで仲良くさせて頂いている 京都のTさま母娘さんも
こちらでお食事を楽しまれたようです。
行ってみて 人気の程がよく分かりました。
朝から美味しくごちそうになりました。

時計台


この後フェリーに乗って香港島に向かいました。
フェリー乗り場のすぐ脇に 日本でお馴染みのカットショップ
「 QBハウス 」 がありビックリしました。

QBハウス


フェリーは地元の方が 通勤や通学など日常に使う乗り物なので
その乗り降りの際 ちょっとカットを、なんていうお客さまが多いのでしょうか?
日本の企業が アジアの各地で 日本の丁寧な仕事ぶりを発揮しているのは
とても嬉しい気分でした。

フェリー乗り場


このフェリーを主人はとても気に入り この後も 香港島と九龍島の往復は
地下鉄ではなく 何度もフェリーを利用しました。

フェリーからリッツカールトン


↑ フェリーから見るICCビル、 102階から上がリッツカールトン。

私は主人に 「 あの高いビルに泊まるのよ~ 」 と自慢げに
後半2泊するリッツカールトンの入っているビルを指さしました。 

フェリー


たった5分ほどの乗船ですが 日常では味わうことが出来ない船旅を
楽しむ事が出来ました。
フェリーで香港島に渡ったあとは バスとピークトラムで
ビクトリアピーク山頂まで行きました。

ピークトラム乗り場


いつものことでしょうが ビクトリアピーク行きのピークトラム乗り場は
トラムに乗る観光客であふれかえり とても長い行列が出来ていました。
でもよく見るとその行列はトラムのチケットを買う列で、 私たちは
オクトパスカードを持っていましたので トラムを1台見送っただけで
すぐ次のトラムに乗ることが出来ました。
やっぱり持っていて大変便利なオクトパスカードです。
( フェリーもオクトパスカードで乗れます )

BlogPaint


( オクトパスカードは地下鉄駅構内ある「客務中心」で買いました。)

この日は生憎 曇り空だったので ビクトリアピークからは 
絵はがきのような景色は味わえませんでしたが
やっぱり高いところから見る香港の景色は素晴らしいものでした。

ヴィクトリアピークからの眺め


帰りはピークトラムではなく 2階建てバスで ぐるぐる山を下り
中環で降りました。

次の目的地は ミッドレベルエリアといわれる超高級住宅街に向かう
エスカレーターに主人を案内しました。

ヒルサイドエスカレーター


世界一の長さを誇るヒルサイドエスカレーターです。
「 すごいでしょう? このエスカレーター、
この坂の上には高級住宅街があって そこに住んでいる金融系の欧米人が 
これを利用して 坂を下りて 会社に行くのよ~ 
だから午前中は下り 夕方は登りになるんだって。 」
とまたまた自慢げに ( 私の勝手な解釈で )説明しました。
周りにはたくさんのおしゃれなレストランやバーがあり 興味深かったです。

その後 再び中環に戻り 以前からずっと行きたかった 
絶景のレストラン 「 SEVVA シーヴァ? セーヴァ? 」 に向かいました。
( 以下 シーヴァと表記します )

↓ 中環駅に隣接する高級ショッピングビル
 「 ランドマークアトリウム(置地廣場中庭) 」 内のおしゃれなカフェ

ランドマークアトリウム


中環地区は高層ビルがたくさん建っています。
九龍側の尖沙咀とは違い 素敵なスーツ姿の欧米系の人が目立ちます。
背が高くて それはそれは端正なお顔立ちの方たちがいっぱいいますぅ。

小さな私は そんな素敵な人混みの中を かき分けて歩きます。
高層ビルは他のビルとつながっているので このアトリウムを通って
「 シーヴァ 」 のある 「 太子大廈(プリンスビル)」 に入りました。
エルメスのあるビルです。

エルメスのビル


ふんふん 左斜めに進むと 「 太子大廈 」 なのね。

館内 案内


ランドマークアトリウムのビル内には きれいなお姉さんがいる
案内カウンターもあるし 案内板も随所にあるので 太子大廈ビルは
思ったより分かりやすかったです。
ふんふん 「 シーヴァ 」 にはこのエレベーターに乗るのね。

シーヴァ 17階


一気に 「 シーヴァ 」 到着です。
わ~ 敷居が高そうな店内です。
ビビる主人を横目に ( ランチの時間は過ぎていましたので )
お茶だけでもいいかと聞くと 勿論OKよ、と。

でもやっぱり高級感が半端ないので メニューを見せて貰い 
それを見ながら主人とコソコソ相談します。
主人「 やっぱ相当高いよ~ 」
私 「 そりゃそうよ、 景色込みのお値段だからね 」

やめる? 入っちゃう?

そんな怪しい私たち2人を ずっと見つめる入り口の女性スタッフ群。
( 1人じゃないのよ、 3~4人集まってきています )

シーヴァ


ええい! せっかくここまで来たんだ、 思い切って入ろう! 
( 積極的にでます! )
でも口をついて出てきた言葉は 「 じゃ お茶だけって言うことで。。。 」
( やっぱ かなり消極的な私たち )
と言い訳しつつ 店内に入りました。

シーヴァ


わ~素敵な店内です。
室内なのに緑がいっぱい。

お茶を注文して待っている間に スタッフさんにテラス席を見せて頂きました。

シーヴァ 屋外席


このテラスエリアは ソファー席と立ち席があり 
そこから香港をながめる景色が凄い、 という事だったので
以前からこちらに来てみたかったのです。
前回 香港にお友達と来た際 シーヴァに問い合わせたところ
テラス席は予約が出来ず 来た順に案内すると言われました。
そして かなり待つ、との事だったので その時は 景色の良いレストラン
「 ワンペキン 」 内の 「 アクア 」 に行って
美味しいイタリアンと素晴らしい夜景を堪能しました。
( その時のブログはこちらです )

シーヴァ


という事だったので 今回は場所だけでも確かめたかったのです。

お天気が良くなかったのが残念でしたが テラス席からは
素晴らしい空間が広がっていました。

外の景色


ワオ~、 高層ビルビューです!
テラスのずっと先に行くと 向かい側の九龍方面が見えます。

シーヴァ


シーヴァから九龍を見る


このテラスは すぐ横がビルなんです、というところが ポイント。
↓ この写真の バツバツ × × のビルは有名な中国銀行 
  右端のビルは 香港上海銀行HSBCです。

外の景色


ここからシンフォニーオブライツの中心的存在のビルのライトアップが
間近に見られるなんて凄い迫力でしょうね。
その迫力 シーヴァのHPによるとこんな感じです。 ↓
 ( 写真はHPからお借りしました )

シーヴァ HPより


素晴らしい空間です!
通常 高層階からは 海を見る なんて言うのが普通ですが
ビルを見るという発想 凄いな~と感じました。
( こちらの写真もHPからお借りしました )

夜のシーヴァ HPより


さて屋外席の景色を楽しんだ後は ようやく? ティータイムです。

マンゴーケーキ165HKD,(2475円) チーズケーキ155HKD
(2300円) コーヒー2杯分150HKD(2250円) 

ケーキとドリンク7700円


シーヴァ、 「 お茶だけでもいいですか? 」 のお値段は 
517HKG = 7740円でした!!!
やっぱり高かったシーヴァでした。 でも美味しかったですよ!

私たち以外のお客さまは ビジネスランチ的な雰囲気のグループが多かったです。
皆さん個室利用だったので よく見えなかったけれど 
外資金融系的 ( 私の想像 ) な素敵な紳士たちの集まりでした。
その方たち以外には おしゃれな母娘さんもいました。 
お二人ともバーキン持ちでした。 ふぅ~

お天気は良くなかったけれど ずっと行きたかったシーヴァに行かれ
特別感溢れる景色を十分堪能し 美味しいケーキも頂き とっても満足でした。
一緒に行ってくれた主人に感謝です。
いつか又夜に行きたい 「 シーヴァ 」 でした。


帰り道は 昔からの香港の面影を見つつ

雑多な香港


高層ビルが建ち並ぶ 新しい香港も堪能しました。

アップルストアー


中環 アップル


シーヴァで興奮した私達は フェリー乗り場に行く途中のIFCモールで 
気持ちを静めるために再びお茶をして(2杯で約千円 適正価格で良かった)
フェリーで九龍まで戻り ホテルへ帰りました。

建設中の遊園地


ホテルで少し休んで ディナーに向かいました。
今夜は少しゆっくりしたいね、 と選んだのは。

ペニンシュラ


夕暮れのペニンシュラホテルの前を通り

昔の水上警察のビルを改装した「 1881ヘリテージ 」の前を通り

夜の1881ヘリテージ


↑ 夜の1881ヘリテージ 
( 後ろに見えるのは別の高層ビルで ワンペキンロードビルです。
 以前の香港旅行でお友達と行ったアクアはこのビルにあります )

夕方の1881ヘリテージ


↑ 参考までに 昼間の 「 1881ヘリテージ 」

500軒以上の高級ショップが並んでいる 「 ハーバーシティ 」 
内にあるホテル 「 マルコポール香港 」 に到着しました。
( ぶらぶら歩いて15分くらいでした )

マルコポーロ香港


「 マルコポーロ香港 」 の中にある上海料理レストラン
「 夜上海 」 に行きました。

夜上海 入り口


上海テイスト溢れる内装の 「 夜上海 」、素敵です。

夜上海


夜上海


こちらのレストランも 会社の集まりのようなグループが多く見られました。
大人のレストランという感じもして 品の良いグループが 
楽しく飲んで食べて、という素敵なレストランでした。
 
夜上海


私たちが頂いたのは
エビチリ 2700円 燻製の卵300円 焼きそば1800円
等々です。

エビチリ2700円、卵300円


夜上海 焼きそば1800円


上記の他に 春巻き お茶 ビールで587HKD=8800円でした。
意外とリーズナブルで このお店も とても気に入りました。
( こう見ると やっぱりシーヴァ、メチャ高いですよね~ 
  眺め代も込みって 言ったでしょう? )

↓ アルコールメニューです。( 青島ビール800円くらい )

アルコールメニュー


香港一日グルメ記事でしたが ランチを頂いていませんでしたね。
朝が充実していたので全くお腹はすきませんでした。

香港に2泊した後 明日はマカオ1泊小旅行です。

泊まったのは ギャラクシーマカオです。
窓からの眺め、キラッキラでした!

ギャラクシーマカオ


次回のブログ ギャラクシーマカオ ~ ウィンパレスはこちらです。

あっ 最後に プロ野球始まりましたね~
開幕戦を応援しに 広島に行ってきましたよ~ん。

カピバラ3兄弟と私


↑ カープロード ( 広島駅からズムスタまでの道のりに 
カープの選手の写真などが貼ってあります 徒歩8分くらい? )に 
こんな動物の絵が描かれていました。
  「 カピバラ三兄弟 」 と私。

カープミニ知識
カピバラ三兄弟とは 今村猛投手、大瀬良大地投手、一岡竜司投手の3人が
カピバラ似と言われていることから カピバラ三兄弟と言われています。
本人たちも、自分達がカピバラに似ていることは自覚しています。
( 三兄弟で部屋飲みした、とか言っていましたから ) 
知らない人がテレビで見ていると この三投手が連続で試合に出てくると
ずっと同じ投手が投げている思う、 なんて話があるようです。 

カープサンド


カープサンド ( 中身は勿論 カツサンドよ ) で応援しました。
この試合 なんと最多四死球の日本記録を80年ぶりに塗り替える試合で
5時間を越え 応援をしている観客も大変疲れました。
昼間始まって 終わったらすっかり夜になっていました。
1試合で2試合分楽しめました、 なんてねっ。

という事で 今年も カープをよろしくお願いします。

2016 広島カープ  お疲れ様、そして ありがとう!!!

     2016年10月 広島 ( JALシティ広島からの景色 )

JALシティ広島からの景色


2016年のプロ野球も 日本シリーズを終え 全て終了しました。
こんなに長くカープを応援できるなんて 夢のような一年間でした。
残念ながら 日本一にはなれませんでしたが 私達に夢を見させてくれた
カープの皆さんには本当に感謝しています、 ありがとうございました。

広島でのCSファイナルと 日本シリーズでの黒田最後の登板試合を
( こちらは主人だけ ) 札幌で観戦してきたので少しお付き合いください。

広島空港


CSファイナルチケット争奪戦を勝ち抜いて 初戦の試合を観戦してきました。
広島までは JALの 「 おともdeマイル割引 」 を利用して行ってきました。
( 本人は往復1万マイル 同行者は往復21580円です )

行きの羽田の搭乗口は カープのユニフォームを着ているファンで
まっ赤に染まっているはず、 と私は勝手に思っていましたが 
赤い人はひとりも見当たらず ちょっと拍子抜けしました。
カウンターのスタッフさんも 今日はまだ見ませんね~と。

が、広島空港に着いてみればJALのお姉様方は 皆さんカープの
ユニフォーム着用で、 ちょっと ( かなり ) 嬉しかったです。

広島空港


しかも 今回も DeNAの某投手と同じ飛行機、 縁があるね~ と
夫婦2人で喜びました。
と言うのも 昨年の観戦の帰り 某投手と同じ飛行機に乗り合わせた
事があったからです。
( しかも 今回は最後に 出会った、いやすれ違った、という偶然が )

ということで カープ一色の広島に到着しました。
そんな広島の街中の様子を 見てください。

まずは大通りにある銀行の ビル一面の大きな垂れ幕です。

銀行


商店街もこの通り。

商店街


↓ 広島駅の改札です。

JR改札JR改札

         
「 JR西日本 」 は カープ愛に満ちあふれていて 昨年の 「 新幹線イベント 」
の時も オール広島カープファンの乗務員で運行してくれました。
駅の改札も 表側も裏側も カープ色で染まっていました。
車掌さん姿のカープ坊やが可愛かったです。

↓ 駅構内の壁にも大きなポスターが、皆さんこの前で写真を撮っていました。

広島駅構内


↓ 広島電鉄は 花電車を走らせていました。 沿道には 写真を撮るファンで一杯。

広島電、鉄花電車


なんとショーウインドーのマネキンさんも カープのユニフォームを着ているんです。
カープ女子の着こなしのお手本ですね。

ショーウインドー


↓ そごう広島店は 広島東洋カープを応援しています、 ですって。

広島そごう


↓ 広島のマンホールも カープ坊やと紅葉なんよ~

マンンホール


さてさて やってきました、CSファイナル第一戦、 ズムスタです。

秋のズムスタ


SS席 4700円です。

CSファイナル


ズムスタは 席の後ろ側のコンコースを一周できる造りです。
お土産物屋さんや お弁当屋さん カープグッズショップなど 
色々なお店が並んでいるので 楽しく一周できます。

ズムスタ 選手のお弁当


さすがにSS席は真ん中 よく見える席です。

CSファイナル 第一戦


この日はとっても寒くて 風も通り抜けるので 震えながら観戦していました。
下着に ヒートテックの長袖 セーター ライトダウン そしてユニフォーム
これだけ着込んでちょうど良いくらいの気温でした。
 
SS席からの眺め


でも 快勝してくれたので 後半は体も心も温まり
気持ち良く観戦できました。

第一戦は見事に勝利


ドヤ顔の私です。 黒田投手のやさぐれ感がいいですね!

CSファイナル第一戦


この広島カープ観戦旅行は2泊3日でした。
試合観戦の他 東広島市に住む お姉さんに会いに行ったり
お墓参りや 平和記念公園内の平和祈念館の遺影コーナーを訪れたり
忙しく動き回りました。

当初の予定では CS第2戦も観戦する予定でしたが どうしてもチケットが取れず
( ネット予約を試みましたが  予約画面がつながった時点で 全て売り切れでした! )
生観戦は断念しました。
でも折角 広島にいるので ホテルで観戦するのは忍びないと思い
色々探してみると。。。
 
スポーツバー


「 広島最大級のスポーツバー!でパブリックビューイング開催 」
と言うのを見つけ そこに行って観戦してきました。

でも スポーツバーって若い人が行くところですよね?
だから 私達 場違いだったらどうしよう~
外国人とか一杯いて 「 イェ~イ! 」 とか言ってたらどうしよう~
と 考えると尻込みしてしまいました。
そこで 始まる少し前にお店に偵察に行くことにしました。

スポーツバーで観戦


開店前にお店に行き 店長さんに
「 私達60代と70代の夫婦なのですが ココで観戦しても大丈夫ですかね~ 」 と。
店長さん 「 全く大丈夫ですよ~ 昨日もそのくらいの方が来ていましたよ~ 
ご心配ならカウンターの席はどうでしょうか? 」
と勧めてくれました。

カウンターならば 「 イェ~イ 」 とかしなくても済みそうだったので
そこでお願いしました。
飲み放題+お料理付き 3500円でした。
( おつまみ付きは3000円ですが 店長さんは 激しく3500円を
  勧めていました。 )

カウンター席、 いいでしょう?
お料理も美味しかったですよ。

スポーツバー


店長さんは テレビのCMの間にはカープの応援歌をかけたりして
お客さん達の気分を盛り上げてくれました。
飲み放題なのでお酒を作るのも大忙しで 大活躍で動き回っていました。
そのおかげ ( もあって? ) で 2戦目も快勝、 皆大喜びしていました。

「 イェ~イ 」 はあったけれど 場違いではないかしら? という
私達の心配も杞憂に終わり ( と言うのも カープ女子が多かったので
楽しく応援するというスタイルでした ) 私達も皆さんに混じって
楽しく観戦する事が出来ました。

IMG_1966


楽しく観戦できた広島旅行、 今回宿泊したのは 「 JALシティ広島 」 です。

広島はホテルが少ないので このような時期は全くホテルが取れません。
私も まだCS出場が決定していない時点で ホテルは押さえていました。
何とか取れたJALシティは 2人で泊まるには厳しい17.7㎡という狭さ。
ここに二人で泊まれるかしら? と心配していましたが
よく考えて作られていたおかげで 何とか不自由なく宿泊できました。 
おまけにリバービューのお部屋で 素敵な景色を観ることが出来ました。

JALシティ広島


↑ ホテルは 左側の建物のうち屋根が黒く三角になっているのが 
 「 JALシティ 」です、 広島駅からは 歩いて6~7分です。

朝食は 「 JALシティ 」 から3軒隣のホテル 「 ホテルフレックス 」 の
1階の水辺のカフェ 「 カフェ43 」 で頂きました。

ホテルフレックス カフェ43


ホテルフレックス宿泊者には無料で付いている朝食ですが
外部のお客さんは500円で頂けます。

ジュース、 飲み物 (おかわり自由) 小さなフルーツ、 小さなヨーグルト
選べるバケットサンド のセットです。

川辺のカフェ 朝食


この量は女性向きですので 主人はもう一つバケットを 300円追加で
頼んでいました。

カフェ43


カフェの前は このような遊歩道になっています。
犬を連れてお散歩している人が多かったです。

ホテル前の川沿いの散歩道


広島中心部は川が多いので このようなオープンカフェが多く見られます。

↓ こちらは JALシティの レストラン 「 フォンタナ 」 です。

JALシティ フォンタナ


↓ こちらは 「 まな~む びぃすぅあ 」 タイ料理のお店です。

水辺のオープンカフェ


広島市のHPからお借りした地図ですが このようにたくさんのカフェ
川沿いにあります。 
季節限定のカフェもありますが 季節の良い時期にはとても気持ちがいいと思います。

広島 水辺のオープンカフェ


広島と言えばお好み焼きです。
今回は 「 お好み村 」 の 「 八昌 」 で頂きました。

お好み村


私たちが横浜から来たと言ったら カウンター席にいたお客さん全員の目が
こちらに集中!
なに?なに?
大将とオカミサンが 揃って 「 も、 も、 もしかして。。。 」
慌てて私たちは 「 ち、ち、違います!!!、 カープファンですよ~ 」
てっきり 私たちがベイファン だと思ったようです。

お好み焼き 八昌


カープファンと知って 凄く優しくなり 「 こりゃ~ 東京にはないじゃろ~ 」
と言って お好み焼きに入れる イカの天ぷらを食べさせてくれたりしました。
オカミサンも 「 今日は寒いけん 厚着して行きんさいよ 」 と助言してくれました。


話は変わって 私たちが帰る日の出来事です。
旧市民球場の跡地の交差点で 大きな人が信号待ちしていました。
えっ? あの人 某投手じゃない?
と主人に聞くと 主人も そうだよ、 絶対あの人だよ。 と。

交差点ですれ違ったったその時に 私はおもわず
「 今日は頑張って下さい! 」 と言っていました。

某投手


凄く大きくて オーラがありました。
この格好だけでよく分ったね、と 主人は言っていましたが 
前回も飛行機の中でお会いしたので 体つきをよく覚えていました。
礼儀正しくて とても素敵な方でした。

その日 カープは負けました。。。

原爆ドーム


第4戦は 息子が観戦に行きました。

CS 第4戦


見事 CSファイナルを勝ち取って日本シリーズに進出です。

CSを勝ち抜いて日本シリーズ


日本シリーズもチケット争奪戦に参加しましたが 全くネットはつながらず
今回もつながったときには全席完売でした。。。

と、と、ところが 札幌での試合の一日前 何気なくローチケを見ていたら
日シリ第3戦 札幌ドームのS席がまだ買えるではありませんか?
札幌ドームは 4万人以上入れるので まだ席が余っていたのかもしれませんし、
リセールでのチケット というのも出ていました。

早速主人に言うと それなら 行こう! と即決です。 
すぐに チケットを購入して ホテルも予約して 黒田の最後の勇姿を見に
翌日 主人一人で北の大地に向かいました。

飛行機は JALの 「 当日シルバー割引 」 で16290円。
( 65歳以上なら 当日に空席があれば 安い運賃で乗れる )

↓ 新千歳空港

新千歳、空港


初の札幌ドームです。

札幌ドーム


さすがに広い球場で 傾斜もかなりきつい構造だったようです。

札幌ドーム


日シリ


↓ 黒田 対 大谷

黒田対大谷


黒田、足の違和感で。。。 

黒田 膝の違和感


黒田投手は 大きな拍手の中で降板しました。
これが最後の姿になりました。
主人は黒田が去るときには涙が出たと言っていました。

黒田降板


今回は内弁慶シリーズと言われていたので さすがに札幌では
日ハムが強いと感じたそうです。
応援もカープに負けず劣らず すごかったようです。

私は日ハムの応援では 男女に分かれて応援するスタイルが 
とてもかわいらしくて好きなのですが 現地に行った主人によると
オーロラビジョンに 応援の言葉が書いてあるので 誰でもすぐに
応援できるんだよ、 と言っていました。
いいですね~ それって。
カープも 応援歌は難しいから ビジョンに映し出してくれればいいのにね。

いけいけ大谷~ 打て打て大谷~ と命令形だと思っていましたが 
なんと 「 打って、打って 大谷~ 」 とおねだり形なんですね。
( 主人は お願い形 と言っていましたが どちらにしても可愛いのね )

PA250804


私はテレビを見て観戦していましたが 日ハムの選手は足が長い!
そしてシュッとした顔つきで イケメン揃いでしたね。
野球のスタイルも泥臭くなくて。。。 スマート?
日ハムの選手の皆さんおめでとうございます。

カープは力を出し切れず残念でしたが まだ日本一は早い、と言うことなのでしょうね。
叉 頑張って応援します!

でも今年は こんな時期まで楽しませて頂き 本当に嬉しかったです。
長い間応援してきた甲斐がありました。


札幌からの帰りは JALの当日シルバー割引は 午前中は空席がなかったので 
( 午後の便はまだ空席があったそうです )
主人は ANAの株主優待を利用して帰ってきました。 ( 19040円 )

ANAプレミアム御膳


折角なので プレミアムクラスの席で帰ってきましたが ( 26040円 )
意外にも 小さなお弁当だけで これで7千円追加は高いね~ という
感想だったようです、 普通席で十分だと。

これで今年のカープの観戦は終わりです。
皆さまにも  今年一年 私のカープの話題で 貴重なお時間を頂いてきました。
最後まで読んで頂き 本当にありがとうございました。



最後に 一人ハロウィ~ン です。

一人ハロウィン一人ハロウイン

2016年 セ・リーグ優勝 広島カープ

おめでとうございます、広島カープ!!!      2016年9月記

セ・リーグ 優勝


セ・リーグ優勝 広島東洋カープ


9月10日の東京ドームでカープが優勝を決めました。 
たまたまですが その日東京ドームで試合を観戦してきましたので
バリ島旅行記の途中ですが 少し感想などお話しさせてください。

FullSizeRender


まだマジックなど全く出ていない ずっと以前の時期に 
この日のチケットをゲットしていました。

その頃は全く優勝など夢のまた夢だったので まさかこの日に
優勝する試合を見れるとは思ってもいませんでした。

↓ 9月10日 真っ赤に染まった3塁側

東京ドーム


↓ 試合直前の様子
 上から 神ってる誠也 松山 ( この二人がホームランを打つ )
 安部 丸 新井さん 菊池 選手です。
 
始まります!


主人がこの夏 広島で買ってきてくれた 「 黒田投手日米200勝記念ユニフォーム 」
を着て応援しました。 ↓

image


この日のピッチャーは なんと黒田投手です。
こんな歴史的な日に 黒田選手が登板するなんて、 
何という素晴らしい巡り合わせでしょう。
そしてその試合を見れるなんて 私達夫婦は 何という幸運でしょう。

周りはカープファンが多く 広島からいらしているというファンも
多く見受けられました。
周りの皆さんと一緒に応援歌を歌い 本当に楽しく観戦することが出来ました。
この写真は お隣の席の方が撮ってくれましたが、タオルが反対でしたね。

BlogPaint


この日の球場内は異様な雰囲気に包まれていて いつもにはない緊張感と
高揚感で溢れていました。
ましてや投手が黒田なので 絶対勝つぞ~ カープ!!! という気合で
カープももちろんですが ジャイアンツ側の応援の声援も 
いつもの2倍くらいの大きな声が出ていたと感じました。


何の憂いもなく楽しそうにしている応援している私達ですが 
ここドームに来るまでは 結構大変でした。

と言うのも この頃は 広島で 中日との3連戦で優勝が決まる、 
という流れになっていたので 9月7日か8日には胴上げ、 と言われていました。
でも私は どう考えても 巨人も そうそう負けるはずはないので
絶対10日か11日の対巨人戦の東京ドームで決まるだろう、 と予想していました。
( 優勝決定戦がいつになるか、 私の運も試されるね~  なんて気分で )
主人はどちらでもいいから 一日も早く優勝して欲しい、 と願っていました。

↓ 黒田 ~ 今村 ~ ジャクソン そして最後 9回裏 
  中﨑が出てきました。 うお~~~と、 もの凄い歓声。

9回 裏


↓ ザッキー 踏ん張れ~~~

9回裏 中﨑


そして大方の予想は 優勝は8日広島で と言う雰囲気になったので
( 広島での3連戦のチケットは早々と完売で 買うことは出来ませんでした )
8日は自宅でテレビ観戦です。
夕食も早く作り終え 主人も早々とお風呂に入り 6時の試合開始には 
万全の態勢でテレビで試合観戦をしようと 意気込んでいました。

↓ 優勝の瞬間

カープ優勝


↓ 優勝!!! 緒方監督

P9100050


と、と、ところが まさかの父の転倒騒ぎ! が起こったのです。
ベッドの横で倒れたきり 意識は有るのですが 腰が痛くて全く動けない状態に。

様子を見ていたのですが 良くなる気配がないどころか 益々全身状態が
悪くなってきたので 救急車を呼び 救急病院に行きました。
それが試合開始と同じ6時です。


↓ 優勝の瞬間 全く携帯がつながりませんでした。
  みんなが写真を撮ったり ラインやツイッターをしたりしていたからでしょう。
  
image


優勝


病院に着き そのまま検査に入り 私達夫婦はずっと病院の廊下で待機です。
その間 スマホでずっと野球の経過をチェック。
私達がカープ好き、 と知っている友人から 主人にも私にも 
メールが入ります。 「 頑張って応援してね~ 」 的な。
しかし 私達は 片手間スマホ観戦です。
忙しかった~~~
観戦しながら メールも打ち スポナビのコメント欄も読み。。。
その間に 看護師さんからも色々聞かれたり書類を書いたり。。。

こんなに忙しいカープ観戦は初めてでした、 しかも優勝がかかっているという。
もうぐったりよん。

父は3時間ほど検査をしましたが 骨に大きな異常はないと 
そして、細かい検査は行きつけの病院でした方がいいでしょう、とのことで 
いったん帰宅しました。
( 全く動けないので 民間の救急車をお願いし 家まで帰りました。
車で10分ほどの距離だけど ストレッチャーやお手伝いなどを利用したので
1万円以上かかりました。 高いのね、 介護保険のきかない民間救急車って。。。 )

家に帰ったら ちょうど試合が終わったところでした。 勝った~~~
楽しみにしていたテレビ観戦が出来なくて これも運命、 仕方がないね、 
と思っていましたが な、な、なんと巨人も勝ったので 優勝はお預け。
翌日9日に持ち越しました。
ところが9日にカープが勝ったものの 巨人も勝ったので決まらず、
次回の東京ドームの日まで優勝は延びてしまいました。

えっえっえっ?
と、と、東京ドーム? それって私達の行く日?
よっしゃぁぁぁ~~~ 

そんなこんなで 9月10日 東京ドームで優勝決定戦を
観ることが出来た、 と言うわけです。
しかも優勝した、 という幸運。

これって 神ってる? 
自分を褒めてあげたい、 と感激しました。 ← 古い? 

そうそう 父?
やっぱり その後 状態が良くなくて 再び救急車で入院しました。

↓ 黒田投手胴上げ

黒田投手、胴上げ


今まで 球場で試合を見ると テンションが上がって 精神t的に
物凄くいいのよ~ と思っていましたが ( 勝っていればの話だけど、ね )
が この日は途中何度もドキドキして 免疫力が めちゃ下がるわ~
と感じました。
怖くて試合を見ることが出来ず 手を合わせて拝んでいました。
やっぱり 巨人も強かったです!

なんとか巨人に辛勝できて この日に 黒田投手で決められて
本当に良かったです。

↓ 新井選手胴上げ
 
新井さん


↓ 緒方監督 優勝インタビュー

優勝インタビュー


ドームでは 周りの方も主人もみんな泣いていました。
主人は球団創立からのファンのため 強い時も知っていましたので
苦しかった25年間の思い出が 頭をよぎったと言って泣いていました。

私も 新聞で 津田選手の奥さまが書いた手記を読んで 泣きました。

広島の皆さま、 全国のカープファンの方々 おめでとうございます。
( ↑ 緒方監督のまね ← 野球ネタではないけれど 帽子を取った
緒方監督の毛量の多さに かなり羨ましかった私です。 汗 )

優勝後、ファンに挨拶


↓ 巨人ファンの方は早々とお帰りになったので 球場の周りは
  カープファンでごった返していました。

IMG_5193


1986年にカープが優勝した時も 家族4人で観に行ったことがあります。
その時は神宮球場でしたが 今とは違い 当日券もあって
簡単に観ることが出来た記憶があります。
観客も 今とは大違いで おじさんが多かったような気がします。

今ではカープ女子はじめ若い男性も多いので ずいぶん洗練された
お客さんたちでいっぱいでした。
( 以前も書いたけれど広島って美男美女が多いのよ! )

球場の周りでは 皆さんでハイタッチしたり 写真を撮ったり
お話ししたりと 東京にいるのを忘れるくらい ふれあいがあった試合後でした。

帰りの電車の中では ユニを着たまま帰る人が多くいました。
電車を降りる際 皆さん、 他のファンの方達に 頭を下げ
「 お疲れ様でした。 おめでとうございます 」 と口々に挨拶してしているのが 
印象的で とても嬉しくて温かい気持ちになれました。


今年も何度も球場に足を運びました。
最後に 他の球場の写真も少し見てください。

↓ 神宮

神宮


神宮


私は浜っ子ですが 以前は さほど野球には関心はありませんでした。 
でも 広島出身の主人と結婚して 毎年毎年カープを見ているうちに
いつしかファンになり 今に至っています。

息子も幼少期は よくハマスタに行ったので どちらかというと
横浜ファンでしたが ( その頃強かったのよ、横浜は 大魔神とかいて )
今はすっかりカープファンになっています。

主人は広島出身のお友達と かなり頻繁に試合を観に行っていますが
最近は そのお友達の奥さま方も一緒に試合観戦をすることが多くなり
それもまた 楽しい行事になっています。

↓ 神宮球場での花火

神宮球場 花火


↓ 横浜スタジアム

ハマスタ


↓ 東京ドーム スイートクラブ

東京ドーム


↓ スイートクラブに付随している屋外席

東京ドーム 室外席


↓ 8月 MAZDAスタジアム

8月広島、阪神戦


カープの選手の皆さん、 たくさんの感動をありがとうございました。
まだまだ試合は続きます、 これからも全力で応援させてください。
いつでも絶対諦めない心、 しっかり 頂きました!

次はCSで広島に行きます。
ホテル、 飛行機ともに予約しました、 後はチケットです。
( CSクライマックスファイナルチケットは 9月23日11時~発売だそうです )


長々とお付き合いいただきありがとうございました。

北陸新幹開業記念旅行、富山グルメ ~ カープ 常車魂イベント

                           2015年5月31日記

富山駅


「 2015,3 北陸新幹線開業記念 リバーリトリート雅楽俱 」 
3回目の今回は チェックアウト後に行った お寿司屋さんとスターバックス 
そして 5月16日、 1泊で行った 広島カープ観戦ツアー 「 常車魂 」
イベントの報告です。

1、新幹線とお部屋編、    2、 お食事 お風呂編 はこちらです。

富山駅近くの 「 寿司栄 」

富山 すし栄


数年前から行きたいと思っていた 富山県の 「 リバーリトリート雅楽俱 」 の
宿泊を堪能し 往路と同じスタッフさんの運転で 富山駅近くのお寿司屋さんまで
車で送って頂きました。 ( 有料 )
帰り道でも スタッフさんから 富山のお話や 親会社 
( 富山県では相当大きな産業廃棄物の会社 ) のお話など聞かせて頂き 
最後まで充実したホテルライフを堪能しました。

その後 「 寿司栄、 すしえい 」 でお昼をいただきました。

↓ 寿司栄 メニュー

メニュー


私達はこの 「 寿司栄 」 を 主人の知り合いの方から紹介して頂きました。
その方は 富山・立山で観光のお仕事をされていて
主人が 北陸新幹線で近々富山に行く とお話ししたら 
「 雅楽俱 」 ですか? とおっしゃったとか。
北陸では 石川の 「 加賀屋 」、 富山の 「 雅楽俱 」 といわれるくらい
この2大旅館が有名だそうで 特に関東からわざわざ来るのなら
「 雅楽俱 」 だろう、 と思ったそうです。 

↓ 寿司栄、 総曲輪 ( そうがわ ) 店、 カウンターのみです。

店内 カウンター


それで その方に 「 寿司栄 」 を紹介して頂いた次第ですが
その方、 推薦したものの 最近 足を運んでいないので心配になり
数日後に ご自分で 「 寿司栄 」 にいらしてみたそうです。
そして味は以前と変わらず美味しいという事で 改めてメールを下さいました。
本当にありがとうございました。

↓ 寿司栄、 壁にはサインがいっぱい

サインがいっぱい


ホテルのスタッフさんにも聞きましたが 「 寿司栄 」 は昔からの店で
評判も良く 美味しいですよ、 とお墨付きをもらいました。

ただ富山市内に3店舗を構えている寿司栄は 本店の総曲輪店のみ
お寿司本来の味を味わってもらうために お店では禁酒、禁煙 に
なっているそうで ホテルの方はその点を私たちに確認していました。

口コミでは 開店時は並ぶらしい、と書いてあったので 
開店の10分前の11時20分には お店の前に到着していました。
開店前で お店の前にはまだ誰も並んでいなかったので 
とり敢えず荷物を お店の入り口において 付近を散策していました。

すると 女性3人組がお店に向かっているので 私達も急いでお店に戻ると 
お店からスタッフが出て来て 私達の人数を確認し 
何やらその女性陣と話をしています、 そしてその女性陣は 
残念な表情をしてお店を去って行くではありませんか?

そしてそのスタッフさんが 私達をお店に招き入れてくれたのです。

えっ? 入っていいの? それにしてもあの女性陣、なんで帰って行ったの?
などと思いながら店内に入ると まぁ~ 既にお客様はびっしりとカウンターに
座っているではありませんか?
その時 席はあと2席残っていただけで 私達が座って満席に
なってしまったようです。
( 開店前は外で並ぶのではなく お店の中に入っていいようです )
ですから後からの3人には これから一斉にスタートなので
だいぶ待つことになる、 と言っていたようです。

↓ メニュー

350円~100円~300円


そうなんです、 このお店、 カウンターだけなので お昼は11時半から
一斉にスタートするようです。
カウンターではご主人と息子さんが握っています。
奥にもスタッフがいるようで 卵などはそちらから出て来ました。

おすし


カウンターは15,6人が座れるようになっていて その時は 
観光客は 私たちを含め5人くらいだったかと。

富山寿司


私たちのお隣さんは ご家族3人でいらした かなりの常連さんで
親切に私達に いろいろとアドバイスをして下さいました。
主人は 観光客の定番 富山の味にぎり 3000円 + 税 を
私はお好みで 富山名物 白エビ、 ほたるいか ( 400円 )
かに ( 300円 ) などを軍艦で巻いて貰いました。 
私は朝食でおなかいっぱいだったので 一人前は到底食べられません、
美味しい富山名物だけをお好みで注文して ほんの少しですが
富山の味を堪能できました。

あなごゼリーのせ


「 富山の味にぎり 」 は それぞれ手仕事が施されていて
大変おいしいものでした。 ( 主人談 )
これで3千円とは 大変価値があるね、 と言っていました。
お酒も飲まない ( 飲めない ) ので お会計は 税金を入れて
4500円くらいと 大変良心的なお値段で 富山の味を満喫しました。


その後タクシーで 駅を挟んで反対側にある 環水公園まで行きました。
なぜって そこに2008年度 コンセプトショップに選ばれた
世界一景色のきれいなスターバックスがあるからです。

スターバックス


とっても広い敷地の公園の中心にある運河に面して
スターバックスは建っています。

スターバックス外観


旅行中はとてもお天気が良かったのですが お寿司屋さんとスタバの時だけが
曇り空になってしまい これが精いっぱいの写真になっています。

外の席


外の席で ゆっくりと暖かいコーヒーを頂くことが出来ました。
店内は 大変 混んでいました。

池を見ながら


皆さんのブログなどを検索してみると とってもきれいな写真が
たくさん出てきました。 
特に夜は ライトアップされて大変すばらしいようです。

池を見ながら


駅からは 歩いて15分ほどで着くと思います。 

眺めの良い店内


スタバを後にして 雅楽倶が経営している美術館を訪ねてみました。

樂翆亭美術館


こちらもスタバから歩いて5,6分で、 駅から歩くと10分くらいです。
でも 残念ながら 本日は 次の展覧会に向けて準備中のため
お休みでした。

樂翆亭美術館


ショップを少し見学しただけですが 美術館は とても趣のあるふうでした。

館内は展示会の準備中でした


さぁ そろそろ駅に戻りましょう。

富山の方は みなさん、 車で移動するのが普通のようで 私たちが
スタバから駅まで歩くと言ったら ( 行きのタクシーの運転手さんに )
大変驚かれました。
それは無理ではないけれど 富山の人は歩かないよ、って。

そうそう、 ホテルから 最寄りの笹津の駅近くのコンビニに行くといったら
ホテルの人も大変驚いていて 歩くのは無理だと言っていました。
という以前に ホテルの周辺にはコンビニはない、 と言っていました。
( 確かに そのコンビニは ホテルの周辺ではないですが )
だから主人はコンビニに行くのに ホテルの人に見つからないように
本館の入り口から出て こっそりと行っていました。
( 歩いて15分くらいの場所です )

富山県は 世帯あたりの自家用車の普及率が非常に高く
また自家用車通勤、通学率も 全国第一位だそうです。
だから ちょっとの移動も車で、 という事が多いのでしょうね。
とある資料では ゴミ出しも自家用車で、 と書いてありましたから
5分以上の距離の移動は 車を使うような感じを受けました。

こんなところにも 驚いた富山県でした。

新幹線の開通に合わせて ホームの高架下には
「 きときと市場とやマルシェ 」 というショッピング街が出来ていました。

この日は新幹線開業3日目とあって 平日にもかかわらず
多くの人で大混雑していました。
そこで見つけた 大きな蒲鉾。

ホテルのレストランスタッフさんのお話にも出てきた蒲鉾です。
富山では 婚礼などのお祝い事があった時に 親せきや近所に 
蒲鉾をおすそ分けする習慣があるそうです。
お店の方に聞いたら (20代半ばくらい?) お姉さんの結婚の時に
配った、 と言っていました。
配る時には お頭をどこに 尻尾はどこに配るかと 母親が大変悩んでいた、
と お話ししてくれました。 

↓ これは大変大きくて2万8千円くらい。  白エビのてんぷら屋さん ↓

富山名物 かまぼこ白エビやさん


白エビのてんぷら、 お土産に買っていきましたが 大変おいしかったです。
↓ お店のスタッフさんがカメラ目線で揚げてくれました。

白エビのてんぷら


富山駅でお買い物をして 帰りの新幹線に乗り込みました。
車窓からは 澄み切った北陸の空が楽しめました。
新幹線も乗り心地が良く あっという間に到着してしまい 
かえって それが残念でした。
北陸新幹線、 富山 リバーリトリート雅楽俱 素敵な旅になりました。

北陸の夕景


最後に 富山駅で配っていた北陸新幹線開業記念品です。
お米、お水、絵葉書などが一袋に入っていました。

北陸新幹線開業 富山記念品



さて がらっと話題も変わって。。。

5月16日に行われたカープのイベント 「 常車魂~RED RIDING 
に参加したので その模様を見てやってください。  (汗)

常車魂


これは 貸切新幹線で広島に行き ( 往路のみ ) 
カープの試合を応援する というツアーで 参加費は5千円です。 
これには 新幹線片道乗車券 ( 指定席 ) 試合チケット 応援グッズ 
が含まれています。
( ちなみに新幹線片道貸し切り料金は 2200万円だそうです )

昨年の カープ女子ご招待観戦ツアーの 続企画 と言う感じです。
でも 今年は 片道とはいえ 新幹線貸切なんです。
まるまる貸切です! だから募集は1300名。

↓ 貸切列車って 意外と多いものなんですね。 団体499に乗ります。

団体専用列車で出発


1300名のうちファンクラブ枠が500名、 一般枠が800名です。
そして倍率は なんと 10倍だったとか。
でもこの情報 カープのHP以外では 私はあまり見かけていなかったので
応募は少ないのかなぁ~ もしかして応募すれば全員当選? くらいに
思っていましたが 外れた方も多かったようなので 運が良かったです。
まさか 当たるとは思わなかったと、 主人と息子は驚いていました。
( 3名分申し込んだので 主人と息子と 行きました )

カープファンが乗り込める駅は 東京、新横浜、名古屋、新大阪、新神戸で
私たちは新横浜駅乗車です。

↓ 新横浜駅にもカープのユニフォーム姿の人が集結!

新横浜駅


車内は 通常はJRの広告があるところにカープのポスターが。

社内のポスターもカープに変わりました!


そして車内はこんな感じで ヘッドカバーも 「 常車魂 」 です!

車内


半数くらいの皆さんはすでにユニフォーム着用です。

真っ赤な車内


常車魂 イベントチケットです。

常車魂イベントチケット


なんと車掌さんは カープOBの高橋建さんで、 
JRの制服を着て 全ての乗客の検札をしていました。
大きくてとっても素敵です!

車掌姿の高橋建さんです!


最初は 普通の係員の検札だと思っていました。
でも 帽子に C のマークがついていたし とっても背の高い方だったので
あれっ? と思って 検察のスタンプを観たら おぉぉぉ~~~
高橋建さんだったわけで、 もう びっくりしました。
他の乗客の皆さんも 後から気付いたような感じで この車両を去る時に
大きな拍手で見送りした、 という雰囲気でした。
1300名分の検札 お疲れさまでした!!!

検札も建さんの印鑑で


停車した駅には これには乗らないカープファンもいて
この列車を見送ってくれました。 こんな光景にファンは大喜び。

途中の駅にもファンが


このイベント、 取材陣がとっても多くて 新聞 雑誌 テレビ 球団のスタッフ
そしてJRの方々など たくさんの人々が忙しそうに車内を動き回っていました。

乗客の一人が 「 取材してくださいっ! 」 ってスタッフに言ったのですが
「 ここにいる方は皆さんそうだと思いますよ。 」 と言われていました。

取材陣が沢山いました


新聞社から この日のための 特別新聞を頂きました。

新聞社からは新聞が


途中で カープのマスコット スライリーも姿を現しました。
大人気です。

スライリーも大人気


停車駅の車内アナウンスは カープの選手によるもので 
ちょっとしたエピソードをまじえた楽しいアナウンスが流れました。

新大阪を過ぎるとJR西日本になるので ここで運転士さん 車掌さんが交代します。

車内アナウンスで スタッフの紹介がありましたが 何とJR西でも選りすぐりの
カープファンによる運転で私たちを広島まで運んでくれるのだそうです。
運転士さん、車掌さん、それぞれの名前と お仕事と 
ちょっとした広島とのエピソードなどを交えての紹介でした。

「 ここ新大阪からは JR西日本のオール広島、カープファンによる
運転士、 車掌で 皆さまを 広島までお連れします 」 とアナウンスが。
ここでも皆さんから うぉ~~~ と大きな歓声と拍手が湧きあがりました。

カープファン


後半は 車内放送を使って 高橋建さんとアナウンサーの方との
トークショーが流れて ( ライブです ) ファンを飽きさせないように
いろいろ企画は続いていました。

そしてとうとう広島に到着です。

お仕事が終わった運転士さん、 カープファンや取材陣に囲まれています。
カバンに 「 常車魂 」 のステッカーが貼ってあリました。

車掌さんも常車魂です!


広島駅にも取材陣がたくさんいて 主に子供さん連れ家族が
インタビューされていました。
今回の参加者 ( 当選者 ) は 私の見た感じ 昨年のカープ女子とは
ガラッと代わって 主に家族連れが多かったような印象でした。
家族連れ以外でも 男女混合のグループが中心のような気がしました。

インタビュー広島到着


さて駅からは自由に 球場まで行くようになっています。
( 球場までは 広島駅から徒歩10分くらいです )
球場までの途中にカープ坊やの案内人がいるとのことでしたが 
私たちは ホテルに荷物をおいてから タクシーで球場に行ったので
カープ坊やの案内人は見ることが出来ませんでした。

球場


さぁ 球場です。
ここで まず応援グッズの引き換えがありました。

応援グッズ引換応援グッズ引換


可愛い応援グッズ。
巨人のタオル トラ耳のカチューシャ ヤクルトの傘 などを摸しているようです。

カープグッズ


では 球場に入りましょう。

↓ このひし形の 張り出した部分が 今回の応援席です。 

この辺り


この部分、 実は相手チーム ( 今回はベイスターズ ) の
パフォーマンスシート (応援席) なのです。 ( 右側にブルーが見えますね )
ここを カープファンが埋め尽くす、 というものなんですが
相手チームからは ちょっとどうなの? という声が聞こえてきそうです。
でもこの日は ベイスターズが勝ったので 許して下さいね。

パフォ-マンスシート


↓ 私たちの応援席からの眺め。

パフォーマンスシートからの眺め


↑ 向かい側の ジョージアの看板の右上に山が見えますが
  これは黄金山と言います。

この山のふもとに かつて主人の家がありました。  ( 数年前までね )
だから新しい球場だと 歩いて行けたくらいの距離なんです。
( う~~~ん、 感慨深いものです )

大型ビジョンには 今回の常車魂のイベントが紹介されていました。
試合に勝ったら 写真撮影があると聞いていたのですが 
残念ながら負けてしまったので 撮影はなし、 でも試合中 
たくさんの取材カメラが ずっと応援の様子を撮影していました。

残念ながら


残念な試合結果になりましたが 改めて広島ファンの素晴らしさを
再確認できて 良かったです。

また この企画は JR東海 JR西日本 他 多くの関係の方々の
バックアップで実現したものだそうです。
細部にわたり カープ愛に満ちたこのツアー、
関係者の皆さんのご尽力に感謝します、 ありがとうございました。

夕食は 甥っ子を呼び出して 私の大好きなお店 「 さかな市場 」 
で新鮮なお刺身や 名物のイカの生き造りなどを 堪能しました。

広島 お刺身盛り合わせ


ここは主人のお姉さんに連れて行った貰ったのが最初で
私は広島に帰るたびに必ず行くほど 大好きな おいしいお店です。


さて翌朝、 大変良いお天気です。

朝の広島


↓ 昔の市民球場の跡地、 ファンの方には聖地なのでしょうか?

旧 市民球場


帰り間際に 「 みっちゃん総本店 」 でお好み焼きを食べたのですが
この日はカープの試合と AAAのコンサートもあったようで
お店は 大行列でした。

みっちゃん 総本店


帰りは飛行機にしました。
広島空港、 カウンタースタッフの皆さんも 試合のある日は
カープのユニフォーム姿、 との事でした。

空港カウンター


そうそう 帰りの飛行機の中で 昨日登板したベイの井納投手が
私達の斜め前の席に座っていました。

荷物を私達の上の棚に入れたので それを取る時に主人が
「 昨日はナイスピッチングでした。 」 と話しかけたら
「 ありがとうございます 」 と頭を下げてくれました。
礼儀正しい方でした。
スーツケースも時計もサブバックも ステキな高価な物をお持ちでした。

とても背が高くて ( 188センチ ) やっぱり野球選手はすごく素敵でした。

( この時はまだ試合中だったのですが 投手は先に帰っていいのね )

これが 「 常車魂 」 イベントのお話でした。


おまけ
↓ GWの神宮で 黒田が初めて東京で投げた時の写真です。

BlogPaint


ほとんどのカープファンが15番のユニフォームを着て
 「 お帰りなさい く~ろ~だ~ 」 と言っていました。


では次回は 4月の京都 東急ハーベストクラブ京都鷹峯 です。

原谷苑 2015,4
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ